NVDAの音声を一時的に停止

NVDAには一時的に音声を停止する機能があります。

この音声の一時停止機能については、大きく二通りあります。一つは「その場で止める」と、もう一つは「解除するまで音声を一時停止する」です。

1)その場で止める

NVDAが何かをずっと読み上げているとき、たとえば、ウェブページを読み込んだ後、ひたすら最初から最後まで読み上げ始めてうっとうしいと思ったとき、Ctrl(コントロール)キーをその場で押すと、即座に中止されます。タッチでは、2本指のタップです。

一方、読み上げ中に Shift(シフト)キーを押すと一時的に停止します。
Shiftで止めた場合は、もう一度Shiftキーを押すと続きから再開できる場合があります。
※挙動につきましては、パソコンの環境ごとに若干異なるケースがあります。

ちょっと黙って欲しいときに、すぐに使えるキー操作ですので、頻繁に利用する人も多いと思います。

2)解除するまで音声を一時停止する

たとえば、 「Amis」 というデイジー再生ソフトや 「VoicePopper」 というメールソフトは、独自の音声読み上げが組み込まれています。場合によっては、起動すると、NVDAと音声がバッティングしてしまい、二重の読み上げの現象となってしまいます。
※ボイスポッパーではSAPIエンジン使用時。

また、今後当ブログでも紹介予定の録音ソフト 「Audacity」「WavePad」 では録音を開始してから、うっかりキーボードやマウスに触れてしまうと音声が出力されてしまい、録音が台無しになってしまう場合があります。

さらに、サーバー管理者の場合は Unix 環境をコマンドラインで操作することが多いと思いますが、コマンドライン上の出力内容をひたすら読み上げてしまい、NVDAの制御が効かなくなってしまうのを防ぐときにも「解除するまで音声を一時停止する」は有効な手段です。この場合は「ビープで通知」を使うと便利です。

ここでいう「解除するまで」は、読み上げをいったん無効にしてから、改めて有効にする操作を、自分自身で有効・無効を切り替えたりすることを指しています。

NVDAで音声の出力状態を一時的に切り替える操作は、 NVDA+S です。
NVDA+S を1回押すと 「読み上げなし」
更に1回押すと、「ビープで通知」
更に1回押すと、「声で読み上げ」
という風になっています。押すごとに順番に切り替わり、必ず「声で読み上げ」まで戻ってきます。「声で読み上げ」が通常のモードです。

なお、NVDAと全く同じ機能というわけではありませんが、
PC-Talker では Alt+Ctrl+F2 または Ctrl+Alt+N で、有効と無効を切り替えられます。

また JAWSでは、有効・無効の切り替えを、 JAWS+スペースをしてから、 [s] で可能です。