Skype UWP版での通話方法

Windows UWP版(Windows ストアアプリ) での通話方法です。(2018年7月20日夕方現在)

Windows UWP版のSkypeを起動します。最初にフォーカスがあるのは、連絡先のリストの一番上の行です。上下矢印キーで1行ずつ、control+page upやpage downで1ページずつ、Control+homeでリストの先頭、control+endでリストの最終行へ移動出来ます。

連絡先リスト上の連絡したい連絡先でエンターすると、画面右三分の二がその連絡先用の画面に切り替わります。
最初はチャットの画面になっていて、メッセージを入力というエディットにフォーカスがあり、文字入力可能になっています。

Shift+Tabを一度押すと、チャット(会話)の吹き出しが順番に並んだリストです。
上下矢印キー、control+pageup,pagedown,home,endが効きます。

Shift+Tabを2回でグループに追加ボタン、3回で音声通話ボタン、4回でビデオ通話ボタンです。

かかって来た通話を受けるには、Windows+Vで通知に移動し、タブキーでオーディオボタンに移動してエンターがやりやすいです。

通話を終了する時は、通話を終了ボタンをタブキーで探してエンターで押すことが出来ます。

検証環境は、Windows 10, Skype UWP, NVDA 2018.2.1jpです。