Skype 8での通話方法

Skype 8での、通話方法です。

Skype 8を起動します。起動時のフォーカス位置は、前回Skypeを終了した時にフォーカスがあった場所になるようです。
自分の情報 アクティブ ボタン が一番左上にあるボタンです。ここを基準にするとわかりやすいと思います。Control+Homeでもこのボタンに移動出来ます。
タブキーを押して行って、最初にチャットと読むところは、4つのタブのうちの1つになっていて、左右矢印で移動出来ます。チャット、通話、連絡先、通知の4つです。
会話リスト グループ と読むところが連絡先のリストです。上下矢印キーで1行ずつ移動出来ます。連絡したい連絡先を選んでエンターを押すと、右側三分の二の画面がその連絡先用の画面に切り替わります。最初はチャットの画面になっていて、メッセージを入力というエディットにフォーカスがあり、文字入力可能になっています。

Shift+Tabを一度押すと絵文字ピッカーを開く、と言います。ここから上矢印キーでチャット(会話)の吹き出しが順番に並んだリストです。
上下矢印キー、control+pageup,pagedown,home,endが効きますが、チャットのリストから出たSkype画面全体を移動してしまいControl+Homeでチャットの先頭に移動することが出来ません。

Shift+Tabを2回でグループに追加ボタン、3回で音声通話ボタン、4回でビデオ通話ボタンです。

かかって来た通話を受けるには、通話がかかって来ると画面上方に横長の着信バーが出て、自動でフォーカスがあたります。Tabキー数回で、〇〇さんからの通話に音声で応答、や、ビデオ通話で応答、などのボタンがあるので、エンターを押します。

通話を終了する時は、通話を終了ボタンをタブキーで探してエンターで押すことが出来ます。

検証環境は、Windows 8.1、Skype 8.25、NVDA 2018.2.1jpです。