Skype for Windows最新版の操作についてと改善点

NVDAヘルプデスクではSkypeの最新版について紹介しておりますが、マイクロソフトより、延期になっていたSkypeのバージョン8への正式移行が11月に行われるとの案内があり、移行に際してお困りの方々も多いようでお問い合わせが増えておりますので再度ご案内いたします。

基本操作や主要なホットキーにつきましてはこちらをご覧ください。

Skypeバージョン8正式移行とバージョン7サービス終了について

基本的には、通話相手を選びEnterキーを押し、Ctrl+Shift+Pで音声通話、Ctrl+Shift+Kでビデオ通話、通話を終了する時はCtrl+Eです。

また、以前の記事で通話に応答する際の操作を、Windowsキー+Vで通知に移動し、タブキーで音声かビデオかを選択することをご案内しておりますが、操作が難しいとの意見が多く、マイクロソフトへフィードバックを行ったところ、最新版(デスクトップアプリ8.33.0.50以降及び、Windows10ストアアプリ14.33.0.41以降)では、着信時に、発信の時と同様に、Ctrl+Shift+Pで音声で応答、Ctrl+Shift+Kでビデオ通話で応答が可能となっています。
なお、Skype以外にフォーカスしている時は、ポップアップでボタンが表示されるため、通知やTabキーでの操作となります。
そのため、上記ホットキーで応答するには、着信時にAlt+TabでSkypeにフォーカス後に操作してください。
受けた通話の時も、通話を終了する時はCtrl+Eで切れます。