ウェブページ読み込み時に自動的な読み上げを抑制する設定

Internet Explorer(IE) や Firefox などのブラウザーを用いてウェブページを読み込んだとき、NVDAは通常、ページの読み込みが完了した時点で最初から読み上げ始めます。

この際、コントロールキーを短く1回押すと、その場で読み上げは中段できるため、慣れてしまえば自動的に読み上げ初めても気にならないかもしれません。

しかし、ある程度NVDAとウェブブラウザとの組み合わせの使い方に慣れてくると、この児童読み上げが煩わしくなる人もいると思います。NVDAは、そのような人のために、きちんと自動読み上げを抑制する設定があります。

以下で手順を示します。

1)NVDA + N でNVDAメニューを開きます。
※NVDAキーは日本語版を使用している場合、無変換キーかインサートキーです。

2)下矢印キーで「設定」まで進みます。

3)エンターキーを押します。設定メニューの項目が表示されます。

4)下矢印キーで「ブラウズモード」まで進みます。

5)エンターキーを押します。ブラウズモードの設定ダイアログが表示されます。

6)タブキーで「ページ読み込み時に自動的に読み上げる」まで進みます。

7)その場でスペースキーを押します。「チェックなし」と読み上げます。
※「チェック」と読み上げた場合はすでに自動読み上げは無効になっています。

8)エンターキーを押します。設定状態が変更されて元の画面に戻ります。

9)再度 NVDA + N を押します。

10)上矢印キーで「設定情報の保存」まで進みます。

11)エンターキーを押します。先ほど設定した「自動読み上げ」の情報が保存されます。

12)以上で設定完了です。

次回より、ウェブブラウザでページを読み込んだときに自動的に読み上げすることがなくなりました。わざわざコントロールキーを押して読み上げをストップさせないですむようになりましたね。

ヘルプデスクでは、上記設定の仕方が不明な方向けに電話やメール、スカイプによるサポートを実施しています。サポートを利用するには会員登録(無料)が必用です。詳細は以下より。

http://nvda.help/services