モバイルスキャナ ScanSnap ix100を利用する 2 ScanSnap ix100を接続する

ScanSnap Managerをインストールして、最後の「完了」ボタンを押すと、ScanSnapを接続するウィンドウが表示されます。

NVDAで読み上げられるのは、ウィンドウのタイトル「ScanSnap – ScanSnapを接続します」と、「次へ」ボタンです。
画面には他にも説明書きが表示されており、オブジェクトモード (NVDA+左右矢印、上下矢印)で読み上げることが出来ます。

一つ目の画面は、ScanSnapの接続方法です。1. USBケーブルを、ScanSnapとコンピュータに接続します。注) ix100以外のScanSnapは、電源をOFFにしてください。と表示されています。その通り、ケーブルとScanSnap、コンピュータを接続して、「次へ」ボタンでスペースを押して下さい。

二つ目の画面は、ScanSnap- ScanSnapを接続しますというタイトルで、2. ScanSnapの給紙カバー(原稿台)を開けて、ScanSnapの電源をONにします。3. Scanボタンが青色に点灯することを確認します。と書かれています。ScanSnapの電源は、給紙カバーを開けるとOnになります。その通りにして、「次へ」でスペースを押します。(なお、この文章も、NVDA+左右上下矢印で探すことが出来ます)

三つ目の画面は、ScanSnap – ScanSnapを接続しますというタイトルで、4. タスクバーの「ScanSnap Managerのアイコン状態を選択してくださいと書かれています。ラジオボタンの三択になっており、一番上がScanSnapのマーク、二番目がScanSnapのマークに赤い斜め線が一本引かれている状態、三番目がアイコンが表示されない場合、となっています。一番上と二番目のマークについては説明がありません。Windows + Bでタスクトレイの中でScanSnapアイコンが見つかったら、一番上を選択して「次へ」でスペースを押すと、先に進みます。ラジオボタンは上下矢印ボタンで移動し、「アイコンが表示されない」が見つかったら上矢印を二回押しで、該当のラジオボタンが選択出来ているものと思います。なお、タスクトレイに一旦フォーカスを移してしまうと、ScanSnapを接続しますウィンドウにうまくフォーカスが戻らない場合があるかもしれないので、接続して電源を入れたら次へボタンを押してみても良いと思います。

四つ目の画面は、ScanSnap – ScanSnapを接続しますというタイトルで、接続がうまく行っていれば、ScanSnapの接続を完了しました、と表示されます。完了ボタンでスペースを押します。

次は、いよいよスキャン開始です。

(続く)