モバイルスキャナ ScanSnap ix100を使用する 7 ABBYY FineReaderでフォルダ内のファイルを検索可能なPDFにする

ScanSnap でスキャンして複数のPDFファイルを作成し、それらを検索可能なPDFに一括で変換する方法を説明します。

1. スキャンする (1枚でも複数枚でも可)
2. 一つのファイルにまとめたいところで読み取り終了ボタンでエンターを押す
3. このコンピュータに保存でエンターを押す
4. PDF自動変換の設定確認ダイアログに答えるとScanSnap Organizerが起動する
5. 1と2をファイルを作りたい数だけ繰り返す。(ScanSnap Organizerが起動している場合、自動的にOrganizerのフォルダに保存されるため、3の「このコンピュータに保存」ボタンを押す操作がいりません)

これで、最後に2を終了した時点で、ScanSnap Organizerでは、スキャンしたファイルのサムネイル(1ページ目の画像が小さく表示されており、その下にファイル名がある状態)が画面に並んでいます。
キーボードでは、これらのファイルの確認をする手段がありません。次の手順に進みます。

6. Altキーを押します。ショートカットキーのツールチップの表示のみがされます。
7. Hキーを押します。ホームを選択した状態になります。
8. Pキーを押します。検索可能なPDFを作成を選択した状態になります。
9. Dキーを押します。このフォルダに追加されたPDFファイルを全部検索可能にするを選択した状態になります。
10. 検索可能にするダイアログが出るので、エンターします。

ここで、6から9の間に音声での案内はありません。10の検索可能にするダイアログが出ると、検索可能にする、とダイアログのタイトルバーが読み上げられ、表示されている項目をタブでたどることが出来ます。初期設定のままエンターで構いません。

11. 検索可能にするPDFファイルの一覧ウィンドウが出て、ファイル名、待機中や処理中の表示が出ます。この間、音声での案内はありません。処理されたファイルのファイル名が画面から消えて行き、最後はファイル名欄が真っ白になります。検索可能にするPDFファイルの一覧ウィンドウにて、Altキー、Iキー、Cキーの順に押すと、変換履歴がメモ帳で開き、それまでに変換した全てのファイルや結果が表示されるので、変換完了をここで確認出来ます。Iは履歴、Cは変換履歴を選んでいます。(検索可能にするPDFファイルの一覧ウィンドウにて変換履歴を表示するまでのキー操作には音声があります)

これで、スキャンした複数のPDFファイルが、検索可能なPDFになりました。

PDFファイルは、ドキュメントファイル内に自動的に作成されるScanSnapフォルダに保存されています。
このフォルダからコピーして他のフォルダに移し、ScanSnapフォルダ内のファイルは全部削除しておくと、次にスキャンして検索可能なPDFを作成する時にスムーズです。
(古いファイルが残っていると、全部のファイルに対して変換処理が行われるため、余分な時間がかかります)