NVDAユーザーガイドや日本語版の説明を読むには

今回は、NVDAのユーザーガイドや日本語版の説明を読む方法についてご紹介します。

以下の説明中「NVDAメニュー」の開き方については、 こちらの記事 をご覧ください。

NVDAを本格的に使い始めるに当たっては、いわゆる取扱説明書となる「ユーザーガイド」を閲覧するとよいです。ユーザーガイドにはNVDAの使い方のすべてが載っていますので、ぜひ一読することをお勧めします。また、日本語版独自の説明書として「NVDA日本語版の説明」もあります。日本語で独自に拡張した機能について掲載されています。

1.「ユーザーガイド」を開く方法

(1)NVDAメニューを開きます。
(2)下矢印キーで「ヘルプ」までいき、見つかったらエンターキーを押します。ヘルプメニューの中の一覧が表示されます。
※このとき H を押すと一発で該当箇所へジャンプすることもできます。
(3)ヘルプメニューには「NVDA日本語版の説明」「ユーザーガイド」「コマンド一覧表」「最新情報」「NVDA Web サイト」「ライセンス」「貢献者」「ようこそ画面」「更新を確認」「NVDAについて」があります。
(4)「ヘルプ」メニューが開いたら、下矢印キーで「ユーザーガイド」を選んでエンターキーを押します。
(5)ユーザーガイドが開きます。

2.「NVDA日本語版の説明」を開く方法

(1)NVDAメニューを開きます。
(2)下矢印キーで「ヘルプ」までいき、見つかったらエンターキーを押します。ヘルプメニューの中の一覧が表示されます。
※このとき H を押すと一発で該当箇所へジャンプすることもできます。
(3)ヘルプメニューには「NVDA日本語版の説明」「ユーザーガイド」「コマンド一覧表」「最新情報」「NVDA Web サイト」「ライセンス」「貢献者」「ようこそ画面」「更新を確認」「NVDAについて」があります。
(4)「ヘルプ」メニューが開いたら、下矢印キーで「NVDA日本語版の説明」を選んでエンターキーを押します。
5)NVDA日本語版の説明が開きます。

3.ユーザーガイドや日本語版の説明を読む方法

上記の操作で各説明書を開いた後の操作となります。

ユーザーガイドや日本語版の説明は、ウェブコンテンツの構造で作成されています。従って、インターネットをする際のキーボードナビゲーションが使用できます。ユーザーガイドで特に有効的なキー操作は H です。ウェブコンテンツだと H は「見出しジャンプ」として使用できます。これらユーザーガイドや日本語版の説明での操作では、このジャンプ機能を使って、目次単位に自分が必要とする部分を閲覧すると効率的です。目的の見出しが見つかったら、基本的に上下矢印キーで一行ずつ読み進めます。

4.説明を閉じるには

ユーザーガイドや日本語版の説明の画面を閉じるには、Windows共通のキー操作 Alt + F4 を使います。
または、 Alt キーを押して離してから「システムメニュー」を表示させて、上または下矢印キーで「閉じる」を選択しエンターキーを押すことでも実行することができます。