NVDAのナビゲーターオブジェクトをツリー表示してわかりやすくする「Objects Tree Viewer アドオン」の紹介

NVDAヘルプデスクでは、この度、以下のようなNVDAのアドオンの配付を開始しました。

■ 名称 Object Tree Viewer アドオン

■ 内容

このアドオンをインストールすると、NVDAメニュー→ツール以下に「Object Tree Viewer」が追加されます。

「Object Tree Viewer」メニュー内には「現在のウインドウ」と「すべてのウインドウ」の2つの項目があります。「現在のウインドウ」は現在フォーカスされているウインドウを分析し、ツリー上に展開します。「すべてのウインドウ」はオブジェクトナビゲーションで取得できるウインドウすべてを分析し、ツリー上に展開します。そのため時間がかかる場合があります。分析中、ESCで中断することもできます。

展開されたそれぞれのオブジェクトに対しては、左クリック、左ダブルクリック、右クリック、移動コマンドが使えます。移動コマンドはオブジェクトの位置にマウスポインタを移動させます。

これらのコマンドへはタブキーでアクセスするか、キーボードショートカットを使用するか、またはツリービュー上の各アイテムを選択したあとに、アプリケーションキーからも実行可能です。

また、フィルター機能でキーワードでオブジェクトを絞り込むことも可能です。

NVDAの操作を難しくしている要因の一つはオブジェクトの理解です。オブジェクトは階層構造になっており、すべてが親子関係・兄弟関係の層をなしています。このアドオンは、その階層構造を可視化することによりNVDAユーザーのオブジェクト理解を支援するとともに、晴眼者がNVDAのサポートをしやすくするために開発されました。

・NVDAのオブジェクトをツリー表示し、親子関係・兄弟関係を把握できます。
・タブキーや矢印キーではアクセスの困難な画面要素に対して、マウスポインタやフォーカスを合わせることが容易です。
・ツリービュー上でアイテムを選択し、マウスポインタの移動コマンドを使用することにより、対象のオブジェクトが画面上のどこにあるかを確認できます。

ダウンロードとインストールは以下よりお願いいたします。

Object Tree Viewer アドオン Version 1.1 のダウンロードとインストール

少しでも皆様のお役に立てましたらと思います。

本件にカンするお問い合わせ、サポート依頼は こちらの案内 よりお願いいたします。