NVDA日本語チームより NVDA 2019.3.1jpリリースのお知らせ

NVDA日本語版の翻訳・開発を手がけるNVDA日本語チームより NVDA 2019.3.1jp のリリース案内がありましたのでご紹介します。
今回のハイライトは、Python 2からPython 3への移行や、NVDAの音声エンジン制御の大幅な改良など、など、多くの内部的な変更が行われました。また、フォーカスハイライトやスクリーンカーテンの標準搭載も行われています。

なお、私たち NVDA ヘルプデスクは、本バージョンも含めたサポートを行います。
サポートについての詳細は こちらのサポート案内よりご覧ください。
NVDA 2019.3.1jpの詳細はNVDA日本語チームのページをご覧ください。
NVDA 2019.3.1jp をリリース – NVDA日本語チーム

アドオンについてのご注意

NVDA バージョン 2019.3.1jpでは、旧式のNVDAアドオンとは互換性がなくなりました。

NV AccessのNVDA コミュニティで配布されているアドオンのアップデートを確認する

NVDA コミュニティ NV Accessからインストールした旧式のNVDAアドオンをご利用中で、アドオンに互換性がない事を警告するダイアログが表示された状態からアップデートを行ったことにより、必要なアドオンが動作しなくなった場合、NVDAコミュニティにて配布されているアドオンにつきましては、下記リンクより最新のアップデートがあるか確認してください。
NVDA コミュニティによるアドオン紹介 – NV Access
複数のアドオンをインストールしており、個別に確認する事が大変な場合は「Add-on Updater」で確認すると一括して確認出来て便利です。
Add-on Updater
※Add-on Updaterで自動的に確認できるものはNV AccessのNVDAコミュニティアドオンに限られます。個別に購入した有料アドオン等は発売元からのご案内に従ってください。

2019.2.1jpに戻したい場合

NVDAコミュニティで公開されているアドオンやその他のアドオンも含めアップデートが公開されるまでに時間を要するものやアップデートについての情報が無いアドオンもあり、それらを使用したい場合は、NVDA バージョン 2019.2.1jpに戻すことで使用可能になります。
NVDA日本語版 ダウンロードと説明より「バージョン 2019.2.1jp お使いのアドオンが最新の NVDA に対応していない場合に 2019.2.1jp が役立つかも知れません。 」と記載されている部分の「2019.2.1jp」リンクより再ダウンロードが可能です。