QWSで音楽再生、作成を楽しむ 第5回 オンスクリーンキーボード

 QWSで、実際に自分が弾いた音を出してみましょう。
 QWSにはオンスクリーンキーボードという機能があり、画面上にキーボードの絵を表示することにより、マウスクリックやパソコンのキーボードをたたくことでドレミの音を出すことが出来ます。

 なお、オンスクリーンキーボードを表示しただけでは音が出ないので、先にトラックを挿入します。トラックは、後で弾いたメロディーを保存するのに使うものです。

 では、トラックの挿入とオンスクリーンキーボードの表示を、Altメニューとショートカットキーで説明します。

Altメニューの場合

 1. QWSを起動します。

 2. Altキー(ファイル)
右矢印キー6回(トラック)
下矢印キー1回(挿入)

 3. これでトラックが1つ挿入されました。

4. Altキー1回(ファイル)
右矢印キー7回(MIDI)
下矢印キー8回(オンスクリーンキーボード)

5. これで、オンスクリーンキーボードが表示されました。

 オンスクリーンキーボードは、QWS画面の上に重なって出ます。エスケープキーで、オンスクリーンキーボードのみを閉じます。

ショートカットキーの場合

 1. QWSを起動します。

 2. ctrl(コントロール)キーを押しながら、ins(インサート)キーを2回続けて押します(挿入)。

3. これでトラックが1つ挿入されました。

 4. F11(オンスクリーンキーボード)

5. これで、オンスクリーンキーボードが表示されました。

 オンスクリーンキーボードは、QWS画面の上に重なって出ます。エスケープキーで、オンスクリーンキーボードのみを閉じます。なお、insを二回押すのは、insキーがNVDAキーに割り当てられていて、1回押しはNVDAキーとして解釈され、2回続けて押すと、insキーとしてアプリケーションのQWSに渡されるためです。

 では、オンスクリーンキーボードを表示したところで、キーボードを次のように押してみて下さい。

 A S D F G H J K

 これで、ドレミファソラシドのピアノの音が鳴りましたでしょうか。

 そして、この上の列に、#の音が配置されています。

 W ド#
 E レ#
 T ファ#
 Y ソ#
 U ラ#
 I シ#

 それでは、ぜひ実際に、音を鳴らしてみて下さい。