QWSで音楽再生、作成を楽しむ 第7回 オンスクリーンキーボードへの入力を録音する

オンスクリーンキーボードでの入力を記録し、再生してみましょう。
弾いた音を録音し、再生するのと同じようなイメージです。
流れとしては、次のようになります。

1. QWSを起動します。
2. トラックを挿入します。
3. 録音を開始します。
4. オンスクリーンキーボードを表示します。
5. キーを弾いて演奏します。
6. オンスクリーンキーボードを終了します。
7. 録音を停止します。
8. 再生します。

上記の操作を、Altメニューで行う方法と、ショートカットキーで行う方法の2とおりがあります。

(Altメニューで行う場合)
1. QWSを起動します。
2. Altキーを押し、トラックまで右矢印キーを6回押します。
3. 挿入まで下矢印キーを1回押し、エンターを押します。
4. Altキーを押し、再生まで右矢印キーを5回押します。
5. 録音まで下矢印キーを2回押し、エンターを押します。
6. Altキーを押し、MIDIまで右矢印キーを7回押します。
7. オンスクリーンキーボードまで下矢印キーを8回押し、エンターを押します。
8. キーボードで演奏します。
9. 閉じるまでTabキーを3回押し、エンターを押します。
10. Altキーを押し、再生まで右矢印キーを5回押します。
11. 再生/停止まで下矢印キーを1回押し、エンターを押します。
12. 録音を保存しますか、というダイアログが出ます。フォーカスがはいに当たっているのを確認して、そのままエンターを押します。
13. Altキーを押し、再生まで右矢印キーを5回押します。
14. 再生/停止まで下矢印キーを1回押し、エンターを押します。

(ショートカットキーで行う場合)
1. QWSを起動します。
2. Ctrlを押しながらInsを2回押します (トラックメニュー→挿入)
3. Ctrlを押しながらRを押します (再生メニュー→録音)
4. F11 (オンスクリーンキーボード)
5. キーボードで演奏します。
6. Escを押します (オンスクリーンキーボードを閉じる)
7. Spaceを押します (再生/停止)
8. 録音を保存しますか、というダイアログが出ます。フォーカスがはいに当たっているのを確認して、そのままエンターを押します。
9. Spaceを押します (再生/停止)

Altメニュー、ショートカットキーいずれの場合でも、録音を開始した後にオンスクリーンキーボードを表示しています。この理由は、オンスクリーンキーボードを表示すると、オンスクリーンキーボードのウィンドウ上にあるコントロールの操作(キーボード、オクターブ、ベロシティ、閉じる)しか出来なくなるためです。よって、録音を開始してからキーボードを弾き始めるまでの時間、録音が進んでしまいます。これを解決する方法はいくつかありますが、まずは、上記の手順で録音操作を試してみて下さい。

(参考)
録音のタイミングを合わせるための方法には、メトロノームを使う(F4)、シンクロスタート(ctrl+Y)、外付けUSB鍵盤キーボードを使う、などがあります。後の回で説明する予定です。

(補足)
ショートカットキーでCtrlを押しながらInsを2回押すのは、InsがNVDAキーとして設定されているためです。