QWSで音楽再生、作成を楽しむ 第11回 Virtual MIDI Synthのダウンロード・インストール

今回は、Virtual MIDI Synthのダウンロード・インストール方法をご紹介します。

ソフトの名前は、Virtual MIDI Synthです。Webサイトの言語は英語です。
Virtual MIDI Synth

このページを表示したら、一文字ナビゲーションhを繰り返し押して行くと、downloadにたどり着きます。downloadに着いたら、一文字ナビゲーションkを繰り返し押して行き、CoolSoft_VirtualMIDISynth_1.17.1.exeまで進みます。ここで、エンターを押して下さい。

FireFoxの場合
ファイルを保存するを選択し、このファイルが保存されたフォルダを開き、CoolSoft_VirtualMIDISynth_1.17.1.exeファイルを実行します。
なお、ウィルスソフトが原因でexeファイルの実行が出来ない場合は、一旦ウィルスソフトを停止するか、ウィルスソフトが許可するファイルとして設定して実行します。

また、以下のURLで、ダウンロードセクションに直接進めます。
ダウンロードセクション

以下のURLで、2016/4/24版のVirtual MIDI Synthを直接ダウンロード出来ます。(将来新しいバージョンが出ても、このバージョンがダウンロードされます。将来URLが変更になる場合があります)
ダウンロード直リンク

筆者の環境では、このプログラムの実行を許可しますか、というダイアログが出ました。タブキーではいに進んでエンターを押します。

Installer Languageダイアログが出ます。コンボボックスで日本語を選んで、OKでエンターします。コンボボックスでは、左右キーで言語を一つずつ切り替えられます。タブキーでOKに進みます。

Coolsoft VirtualMIDISynthセットアップウィザードへようこそダイアログが出ます。
次へボタンでエンターします。

インストールの完了ダイアログが出ます。次へボタンでエンターを押します。

セットアップの設定を送信ダイアログが出ます。チェックボックス3つにチェックが付いた状態になっています。そのまま次へボタンでエンターします。
チェックボックスの内容は、以下の通りです(一部短縮)。
SoundfontをダウンロードするためCoolsoftのウェブサイトを開く
インストール完了後設定を開く
アップデートを自動で確認する

ブラウザがアクティブになり、Coolsoftのウェブサイトの、Soundfontの欄が表示されます。フォーカスはページの頭にありますので、一文字ナビゲーションHで見出しをたどり、Soundfontsと読み上げられるところを探します。Soundfontsと読み上げられたら、一文字ナビゲーションKでリンクをたどり、SGM-V2.01と読み上げられるところを探して下さい。見つかったら、そこでエンターを押します。

すると、SGM-V2.01のダウンロードページに移動します。このページにダウンロードボタンがあるので押します。一文字ナビゲーションのKやBでは到達出来ないため、全てのコントロールをたどるためのTabキーで、次のように読み上げられるところを探します。目安ですが、先頭からTabキーを15回くらい押したところです。

http://download1445.mediafire.com/h64ckf6bs7pg/zo8l3dgf2989266/SGM-V2.01.7z

なお、同じページ上に、サウンドフォントと関係のないフリーソフトダウンロードボタンも配置されていますので、誤って押さないように注意して下さい。
この記事中の上記URLをクリックしても、ダウンロードすることが出来ます。

FireFoxの場合
ファイルを保存するを選択し、このファイルが保存されたフォルダを開きます。
拡張子.7zの、SGM-V2.01.7zというファイルが、今ダウンロードしたファイルです。

このファイルは圧縮されています。Windowsの標準の解凍ソフトでは解凍出来ないため、このファイルを解凍出来る解凍ソフト7-zipを、ダウンロード・インストールします(次回)。