QWSで音楽再生、作成を楽しむ 第16回 かえるのうたを打ち込む

今回は、QWSのノートエディタを使用して、かえるのうたの打ち込み方を説明します。

1. QWSを起動する
2. Ctrl+Insert+Insertで、トラックを挿入する。
3. Ctrl+Kで、ノートエディタを起動する。

ここから先は、一音ずつ、打ち込んで行きます。
Ctrl+S+Eでは、CTRLを押しながらS、続けてEを押して下さい。

なお、音の高さとスタートは、上下左右矢印キーでノートエディタ上を移動して設定することも出来ます。
コツは、一つ音を入れた後、音の長さが1であれば、右矢印キーを3回押すと今入力した音の外の位置になり、左矢印を1回押すと入力した音がポーンと鳴るので、もう一度右矢印キーを押して音の外の位置に戻り、次の音の高さに上下矢印で移動して、前に入力した音と音の長さが同じ場合はそのままCtrl+Iを押し、長さが違う場合はCtrl+L+Eを押して数字を入れて設定してからCtrl+Iを押します。(Ctrl+Iを押した後、入力した音の外の位置に出た場合、最後に入力した音の長さの値が保たれています)

以下は、上下左右矢印キーを使用しない場合のかえるのうたの入力方法です。テキストファイルにしましたので、下記URLをエンターして表示、または、下記URLでアプリケーションキーを押して表示されるメニューからファイルとして保存して、メモ帳やその他のテキストエディタでご利用下さい。

kaeru.txt
http://nvda.help/wp-content/uploads/2016/12/kaeru.txt

そして、下記は出来上がりのMIDIデータです。アプリケーションキーを押して表示されるメニューからダウンロードして、QWSで開き、ノートエディタでの表示や再生の参考用にお使い下さい。

kaerumidi.mid
http://nvda.help/wp-content/uploads/2016/12/kaerumidi.mid