NVDAのキーボード配列

NVDAには、大きく2つのキーボードレイアウトがあります。

1つがデスクトップレイアウト、もう1つがラップトップレイアウトです。

これらの設定は NVDA メニューを開き、設定メニューのキーボードで変更できます。

手順

1)NVDAメニューを開きます。開き方は NVDA+N です。
2)下矢印キーを押して「設定」を選びます。
3)右矢印キーまたはエンターキーを押します。
4)下矢印キーで「キーボード設定」を探します。
5)エンターキーを押します。
6)「キーボード設定」のダイアログが開きます。
7)その場で上矢印キーまたは下矢印キーで「デスクトップ」「ラップトップ」どちらかを選びます。
※初期設定ではデスクトップがが選択されています。。
8)どちらかを選んだらエンターキーを押します。
※やり直ししたい場合はエスケープキーを押して1)の手順からスタートします。
9)設定完了です。

説明

1)デスクトップレイアウト
テンキーのついたキーボード向けに NVDA で使用する各種キーボード操作(コマンド)の割り当てがされています。
デスクトップレイアウト設定イメージ

2)ラップトップレイアウト
テンキーがなく、コンパクトなキーボード向けに NVDA で使用する各種キーボード操作(コマンド)が割り当てられています。
ラップトップレイアウト設定イメージ
デスクトップパソコンだからデスクトップ配列を使うとかノートパソコンだからラップトップ配列を使う、というわけではなく、自分が普段使いやすいと思う方を選択するとよいです。使いにくい場合は、いつでも切り替えることもできます。

ただ、 NVDA 固有のコマンドはデスクトップ配列とラップトップ配列の設定の違いにより、操作が異なってきます。どちらかで慣れるようにするとよいでしょう。