QWSで音楽再生、作成を楽しむ 第19回 かえるのうたを輪唱にする

第16回のかえるのうたのファイルを出発点として、輪唱を作成しながら、QWSのMIDI編集機能をいくつかご紹介します。

第16回のkaerumidi.mid
http://nvda.help/wp-content/uploads/2016/12/kaerumidi.mid

手順
1 QWSを起動する
2 kaerumidi.midを開く

ここで、画面の説明を少しします。
最上部には、Altキーを押すと開くメニューバーがあります。
その下は、左四分の一にトラックリスト、右側残りにトラックの内容が表示されています。
トラックリストにはトラックのチャンネル、音源名が表示されています。
トラックの内容は、一小節分が一つのアスタリスク(*)で示されていて、右端(曲の最後、より正確にはこのトラックの最後の音がある小節の右隣)には、|があります。
Altキーを押すとAltメニューを選べるところにフォーカスが当たり、Escを押すとAltメニュー以外のトラックリスト、トラックの内容の欄の二箇所のうちのどちらかにフォーカスが当たるようになり、Tabキーでその二つを切り替えます。

それでは、続きの手順を説明します。

3 トラックの内容(アスタリスク*がある方)にフォーカスを移動する。
4 Ctrl+Aで全てを選択する
5 Ctrl+Cでコピーする
6 トラックを挿入する
7 左矢印を長めに押すか、ポジションの移動でポジションを0にする
8 Ctrl+Vでペーストする
9 Ctrl+Aで全てを選択する
10 トランスポーズを選び(ショートカットT、またはAltメニューからツール、トランスポーズ)、数字24を入れてエンターする

これで、2オクターブ高い音でメロディーを演奏するトラックが出来上がります。

さらに続きで、輪唱にしてみます。

11 トラックを挿入する
12 左矢印を長めに押すか、ポジションの移動でポジションを0にする
13 Ctrl+Vでペーストする
14 Ctrl+Aで全てを選択する
15 タイムグライドを選び(Altメニューからツール、タイムグライド)、数字4を入れてエンターする

これで、最初のトラックのメロディーが4拍後から始まるトラックが出来上がります。ドレミファミレドのミレドに合わせてドレミファが鳴ります。

さらに、ドレミファミレド、の後にドレミファが鳴るトラックを作ります。

16 トラックを挿入する
17 左矢印を長めに押すか、ポジションの移動でポジションを0にする
18 Ctrl+Vでペーストする
19 Ctrl+Aで全てを選択する
20 タイムグライドを選び(Altメニューからツール、タイムグライド)、数字8を入れてエンターする

さらに、ドレミファミレド、ミファソラの後にドレミファが鳴るトラックを作ります。

21 トラックを挿入する
22 左矢印を長めに押すか、ポジションの移動でポジションを0にする
23 Ctrl+Vでペーストする
24 Ctrl+Aで全てを選択する
25 タイムグライドを選び(Altメニューからツール、タイムグライド)、数字12を入れてエンターする

さらに、ドレミファミレド、ミファソラソファミの後にドレミファが鳴るトラックを作ります。

26 トラックを挿入する
27 左矢印を長めに押すか、ポジションの移動でポジションを0にする
28 Ctrl+Vでペーストする
29 Ctrl+Aで全てを選択する
30 タイムグライドを選び(Altメニューからツール、タイムグライド)、数字16を入れてエンターする

以上の操作をして出来上がったMIDIファイルはこちらです。
ダウンロードして開いて、試してみて下さい。

かえるのうた輪唱
http://nvda.help/wp-content/uploads/2017/01/kaerumidi2.mid

補足
トランスポーズ 音の高さを変更します。1で半音高く、-1で半音低くなります。
タイムグライド 音が鳴るポジションを変更します。1で1拍後、-1で1拍前になります。1拍より短い長さを指定するには、音符の長さと同様、1拍を192に分けたティックで指定します。八分音符分の長さの場合は、0.096、付点四分音符分の長さの場合は1.096と指定します。