QWSで音楽再生、作成を楽しむ 第20回 MIDIキーボード KORG microKEYについて

今回から、USBでパソコンに接続可能なMIDIキーボードKORG microKEYを接続して、リアルタイム録音する方法を説明します。

KORG microKEYの紹介ページはこちらです。価格は6000円くらいでした。現在は、バージョンが2になっています。25,37,49,61鍵があります。

microKEY
http://www.korg.com/jp/products/computergear/microkey2/

仕様
http://www.korg.com/jp/products/computergear/microkey2/page_1.php

上記ページから、外形寸法を転載します。
395 × 131 × 52 mm (microKEY-25)
565 × 139 × 54 mm (microKEY-37)
709 × 139 × 54 mm (microKEY-49)
850 × 139 × 54 mm (microKEY-61)

大ざっぱに言うと、25鍵は鍵盤ハーモニカくらいの大きさです。

なお、microKEY Airは機器にBlueToothでも接続出来、例えばiPhoneやiPad、Mac PCのGarage Bandで使用することが出来ます。

次に、microKEYについて説明します(25鍵タイプです)。
microKEYには電源スイッチがありません。付属のUSBケーブルでPCに接続すると電源が入り、自動的にドライバがインストールされます。なお、PCへの接続は、PCの機種によっては起動前の方が良い場合があるかもしれません。USB接続用端子は、左側面にあります。

白鍵、黒鍵合わせて25個の鍵盤があります。鍵盤の左側には、四つのボタンと一つのジョイスティックのような形のバーがあります。バーは上面の左端の上側にあり、ボタンはその下側に左上、右上、左下、右下と並んでいます。

右上のボタンはサスティーンの効果で、押している間に音を弾いてキーボードから手を離しても音が延びます。

左下と右下のボタンは、キーボードの音の高さを1オクターブ変更するボタンです。左下は1オクターブ下へ、右下は1オクターブ上へ音が変わります。最初はボタンに色がついていません。右下のボタンを1回押すと、右下のボタンが緑、2回でオレンジ、3回で赤、4回で赤点滅になります。これ以上右下のボタンを押しても、状態は変わりません。その後、左下のボタンを押すと、右下のボタンの色が、逆に、赤、オレンジ、緑、色なしと変わります。さらに左下のボタンを押すと、左下のボタンの色が緑、オレンジ、赤、赤点滅に変わります。これらの色で、その時キーボードに設定されている音の高さが表現されています。

左上のボタンはアルペジエータです。鍵盤を押し続けると、押し続けている音、和音が連打された音になります(QWSのテンポ設定には関係なく、一定の間隔での連打のようです)。

次回は、MIDIキーボードをPCに接続します。

参考
MIDIキーボードには、iRigKeysという機種もあります。USB-Lightningケーブルで接続出来、例えばiPhoneやiPadのGarage Bandで使用することも出来ます。

iRigKeys 25鍵
http://www.ikmultimedia.com/products/irigkeysmini/

iRigKeys 37鍵
http://www.ikmultimedia.com/products/irigkeys/