QWSで音楽再生、作成を楽しむ 第21回 microKEYをPCに接続して弾いて録音する

今回は、KORG microKEYをPCにつないでみます。
そして、QWSの録音に使います。

簡単に言うと、設定はいりません。
microKEYをPCにつなぐと、新しいデバイスのインストールが自動的に始まります。

その後の録音の手順は、第7回 オンスクリーンキーボードへの入力を録音する、とほとんど同じです。オンスクリーンキーボードを表示する手順が不要になります。(かっこ内はショートカットキー)

1 QWSを起動する
2 トラックを挿入する (Ctrl+Ins+Ins)
3 録音を開始する (Ctrl+R)
4 microKEYを弾いて演奏する
5 録音を停止する (Space)
6 録音を保存しますか、というダイアログではいを押す
7 再生する (Space)

次のトラックを録音する場合は、次のようにします。
8 トラックを挿入する (Ctrl+Ins+Ins)
9 ポジションを0に戻す (左矢印キーを長めに押す、または、Altメニューの移動、移動を押して、現れるウィンドウ中をタブキーで移動して移動を位置、番号を0にしてエンターまたはOKでスペースキーを押して下さい)
10 録音を開始する (Ctrl+R)
11 microKEYを弾いて演奏する
12 録音を停止する (Space)
13 録音を保存しますか、というダイアログではいを押す
14 再生する (Space)

トラックの移動は、上下矢印キーで行えます。また、Altメニューの移動、トラックを押し、トラックにジャンプにトラックの番号を入れても行えます。

QWSの画面構成については、第19回と重複しますが、次のようになっています。これを参考に、トラック内やその他の画面内を移動してみて下さい。

(以下転載)
最上部には、Altキーを押すと開くメニューバーがあります。
その下は、左四分の一にトラックリスト、右側残りにトラックの内容が表示されています。
トラックリストにはトラックのチャンネル、音源名が表示されています。
トラックの内容は、一小節分が一つのアスタリスク(*)で示されていて、右端(曲の最後、より正確にはこのトラックの最後の音がある小節の右隣)には、|があります。
Altキーを押すとAltメニューを選べるところにフォーカスが当たり、Escを押すとAltメニュー以外のトラックリスト、トラックの内容の欄の二箇所のうちのどちらかにフォーカスが当たるようになり、Tabキーでその二つを切り替えます。
(以上転載)

なお、microKEYを接続して、QWS上で認識されていることを確認するには、次のようにします。

1 Altメニューのオプション、一般設定を開く
2 お好みのMIDI機器(プルダウンメニュー)に、microKEYが表示されるのを確認する
3 お好みのMIDI機器の設定を、Virtual MIDI Synthに戻す
4 OKを押す

microKEYはMIDI機器として認識されますが、この機器自体が音源を持たないため、音源としてはVirtual MIDI Synthを選択しておきます。