NVDA開発のための基礎参考書、エスキュービズム, 細田 謙二, オレンジ岸本, 石井 光次郎, 岩川 建彦, 岡田 正彦著『Python入門』が点訳されてサピエ図書館にアップされました

視覚障害者が利用できるインターネットの点字図書館 「サピエ図書館」 に NVDA 開発に役立つ基礎参考書『Python入門』が点訳されデータでてアップされました。本点訳データは、NVDAヘルプデスクを置く視覚障害者総合支援センターちばの点訳グループによって製作されました。

NVDAはプログラムの約80%をpythonというプログラミング言語で開発しており、 NVDA を拡張するためのアドオン開発においても python プログラミング言語のスキルが必須です。

また、サピエの利用登録やお問い合わせは、お住まいの点字図書館(情報提供施設)へお問い合わせください。

<お問い合わせ先一覧

どうぞご活用ください。

資料詳細

基本情報
タイトル Python入門
著者名 エスキュービズム, 細田 謙二, オレンジ岸本, 石井 光次郎, 岩川 建彦, 岡田 正彦著
内容 Pythonの基本から高度な計算までを、頻出パターンを試しながら学べる実践的テキスト。Django等のフレームワーク、Google App Engineといった実用レシピも多数収録。2&3対応。
出版者と出版年月 秀和システム 2010年7月
種別と対象 種別:図書 対象:一般

製作情報

製作館 千葉点図(B3401)
登録館 千葉点図(B3401)
資料種別 点字データ ダウンロード可能
巻数 全21巻
貸出形態 点字(普通サイズ)

所蔵館
所蔵館:千葉点図 オンリク可
点字データ番号 N0480682
登録ファイル 全21ファイル
点字ページ数 1,217ページ
用紙サイズ B5 32モジ×22行 片面印刷
グラフィック エーデルグラフィック
ファイルサイズ 37739B
校正レベル 2校
製作注記 グラフィックファイル:18巻(1巻用),19巻(2巻用)、20巻(12巻)、21巻(16巻)
著作権処理 第37条3項の権利制限
完成日 2017年10月5日
最終更新日 2017年9月12日

注記・分類・件名など
注記・分類・件名など
原本注記 2&3対応
原本価格 2,700円
ISBN 978-4-7980-2655-8
分類(NDC) 007.64 007
一般件名 プログラミング(コンピュータ)

無料のWindows用画面読み上げソフト NVDA 活用講座のお知らせ

 千葉県視覚障害者福祉協会(千視協)では、毎年、情報関連のトピックを取り合えて教養講座を開催しています。

 今回は、無料の画面読み上げソフトとして知られる「NVDA」の活用の仕方について、その開発者の一人でもある御園政光氏(視覚障害者総合支援センターちばICTプロジェクトリーダー兼慶應義塾大学自然科学研究教育センター研究員)による講演と、その活用の仕方について紹介します。NVDAの開発はオーストラリアの全盲のプログラマー Michael Curranさん・James Tehさんの2人によってスタート。「視覚障害者が晴眼者と同じコストでコンピューターを利用できる」という理想のために活動を始めました。世界中の視覚障害ユーザーが使用しています。日本語版のメンテナンスは有志によって行われています。

― 記 ―

 日程 平成29年7月22日(土)
 時間 13:20~15:30(13:00~ 受付)
 会場 視覚障害者総合支援センターちば5階会議室
    所在地:四街道市四街道1-9-3
    アクセス:JR四街道駅徒歩5分
 定員 40名

 ≪プログラム≫
 13:00~13:20 受付
 13:20-13:30 開会式
 (1)開会の挨拶(千葉県視覚障害者福祉協会会長 伊藤和男)
 (2)事務連絡
 13:30-14:30 講演
 テーマ:「無料の画面読み上げソフトNVDAでできること」
 講師:千葉県視覚障害者福祉協会 御園政光氏
 14:30-14:40 休憩
 14:40-15:30 活用事例紹介
 「NVDAの活用事例」(視覚障害者総合支援センターちばIT担当)
 15:30 閉会

 申し込み:6月9日(金)~7月14日(金)まで、千視協事務所にて電話またはメールにて受付します。

 申し込み先 043-421-5199

 メール jimukyoku-chibaken@tisikyo.jp
 参加費 本人、付添共に無料

 先着順、定員になり次第締め切ります。

NVDA 日本語チームから NVDA 2017.2jp のリリース

NVDA日本語版の翻訳・開発を手がけるNVDA日本語チームより NVDA 2017.2JP のリリースです。

バージョン 2017.2 は、

・KGS点字ディスプレイドライバの更新
・ネットラジオレコーダーでの点字ディスプレイ表示への対応
・本家版の「現在行の報告」変更への対応
・本家版の「文字説明辞書への数学記号の追加」への対応
・Excel のセル罫線の読み上げ機能が本家版に追加され、この設定項目は書式情報「テーブル情報」に追加されました。そこで日本語設定の「セルの罫線の報告」設定を削除

などが行われています。

なお、私たち NVDA ヘルプデスクは、本バージョンも含めたサポートを行います。詳細は こちらのサポート案内より

インストーラーのダウンロードはこちらからどうぞ:

http://i.nvda.jp/

Windows 10, 8.1, 8, 7, Vista, XP(SP3) の32ビット版および
64ビット版に対応しています。
Windows 8 以降ではタッチ操作が利用できます。
NVDA 日本語版のライセンスは GPL v2 です。

NVDA は多くのアプリに対応し、
インストール不要で利用できるポータブル版、
アドオンによる機能拡張など、さまざまな特長を備えています。

NVDA 日本語チームがリリースする NVDA 日本語版は、
オーストラリアの非営利法人 NV Access がリリースする NVDA 本家版に
日本語の音声エンジンと点訳エンジンを追加するなど、
日本語 Windows 環境のための改良を行っています。

本家版 2017.2 の更新内容

http://www.nvda.jp/nvda2017.2jp/ja/changes.html

日本語版 2017.2jp の更新内容

http://www.nvda.jp/nvda2017.2jp/ja/readmejp.html#toc65

6点入力ソフト『やむ6点』のご紹介

無料の画面読み上げソフト NVDAや PC-Talker との組み合わせも可能な
6点入力ソフトがパソコン教室やむさんより提供開始されました。

・6点入力ソフト『やむ6点』
http://www.pcyam.com/game2/yam6ten/hp/index.htm

Windowsパソコン上で、点字を再現した6点入力を可能にします。フリーソフト。

英字・数字・情報点字・6点漢字・8点漢字(川上漢点字・補助漢字)に対応し。

動作環境:Windows XP,VISTA,7,8,10
(NetFrame 4.0必須)

このソフトを使用することにより、Windowsパソコン上から6点入力(点字入力方式)で活字仮名交じり文を入力可能です。

NVDA 日本語チームから NVDA 2016.3jp のリリース

NVDA日本語版の翻訳・開発を手がけるNVDA日本語チームより NVDA 2016.3JP のリリース案内がありましたので
ご紹介します。

バージョン 2016.3 は、

* JTalk の話者 tohoku-f01 の追加
* 絵文字への対応の改善
* アクセント記号付きアルファベット文字への対応の改善
* 「すべて読み上げ」で改行をまたぐ読み上げの改善
* JTalk の読み付与の改善
* 日本語点訳の改善

が含まれています。

特に日本語版に最初から含まれている音声合成エンジン JTalk に tohoku-f01 が新たに追加されたのはユーザーの選択肢を増やしました。また評価段階では聞き取りやすいとの評判です。

なお、私たち NVDA ヘルプデスクは、本バージョンも含めたサポートを行います。詳細は こちらのサポート案内より

ここから ——————–

無料(オープンソース)の Windows 用スクリーンリーダー
NVDA (NonVisual Desktop Access) の
日本における開発コミュニティである NVDA 日本語チームは、
2016年9月6日に NVDA 2016.3jp をリリースしました。

インストーラーのダウンロードはこちらからどうぞ:

http://i.nvda.jp/

Windows 10, 8.1, 8, 7, Vista, XP(SP3) の32ビット版および
64ビット版に対応しています。
Windows 8 以降ではタッチ操作が利用できます。
NVDA 日本語版のライセンスは GPL v2 です。

NVDA は多くのアプリに対応し、
インストール不要で利用できるポータブル版、
アドオンによる機能拡張など、さまざまな特長を備えています。

NVDA 日本語チームがリリースする NVDA 日本語版は、
オーストラリアの非営利法人 NV Access がリリースする NVDA 本家版に
日本語の音声エンジンと点訳エンジンを追加するなど、
日本語 Windows 環境のための改良を行っています。

変更点の概要は以下の通りです。

1. 本家版 2016.3 の新機能

* アドオンを個別に無効化できる機能
* Microsoft Excel におけるフォームフィールドへの対応
* 一部の点字ディスプレイへの対応の改善
* Microsoft Word 対応に関する改良と修正

2. 本家版 2016.3 の主な変更点

* 色の報告で9種類の基本的な色の名前と網掛け・明るさの種類の組み合わせを使うようになりました。
* NVDA+F9 と NVDA+F10 の操作が変更されました。NVDA+F10 でテキストを選択します。NVDA+F10
を素早く2回続けて押すと、そのテキストがクリップボードにコピーされます。

3. 日本語版 2016.3jp の変更点

* JTalk の話者 tohoku-f01 の追加
* 絵文字への対応の改善
* アクセント記号付きアルファベット文字への対応の改善
* 「すべて読み上げ」で改行をまたぐ読み上げの改善
* JTalk の読み付与の改善
* 日本語点訳の改善

NVDA 2016.3 新機能・変更点・バグ修正の詳細:

* https://www.nvda.jp/nvda2016.3jp/ja/changes.html

NVDA 2016.3jp の変更点の詳細:

* http://www.nvda.jp/nvda2016.3jp/ja/readmejp.html#toc65

(以上)

夏季休業のお知らせ

NVDAヘルプデスクは、以下の日程で夏期休業をさせていただきます。

この期間のメール・電話・スカイプでのサポートはすべてお休みとさせていただきますので、予めご了承ください。

  記

夏期休業期間 8月10日(水)~8月16日(火)

以上、よろしくお願いいたします。

NVDAでタスクトレイを操作しよう

今回はNVDAでタスクトレイを操作する方法をご紹介します。

具体例としてタスクトレイからNVDAを終了する方法を紹介します。なお、タスクトレイに関する表示設定は初期状態とします。

これまでに、 NVDAの終了のさせ方 でご紹介していますが、今回の終了方法はNVDAをJAWSと併用してお使いの方に便利です。NVDAとJAWSはキー操作が同じ場合が多く、使っているうちに、どちらのスクリーンリーダーのキー操作かわからなくなることがあるからです。そんなときは、キーボードコマンドでなく、タスクトレイのアイコンを使って終了させたい場合があります。

■タスクトレイのアイコンを使ってNVDAを終了する方法

以下の内容はOSのバージョンによって少しずつ読み上げ方が変わります。ご了承ください。また、「読み上げ」と表記している箇所はすべてNVDAを使った場合を想定しています。

 1)Windows+Bを押します。タスクトレイ領域が選択されます。「notification chebron ボタン」とか、「通知のセブロンボタン」などと読み上げます。

Windows+Bでタスクトレイを選択できないときは、何度かこのキー操作を繰り返すと「隠れているインジケーターを表示します」と読み上げ、確実に選択できます。

※もし、このような読み上げでない場合は以下の「■タスクトレイの表示方法の切り替え」を参照して設定を確認してください。

 2)スペースキーを押します。タスクトレイのアイコンがすべて展開されます。アイコンの並び方はパソコンの環境によってさまざまです。2列になっていることもあるし、3列に並んでいる場合もあります。通常はすべてのアイコンは表示されていず一部のアイコンのみが表示されています。

 3)何度か上矢印キーを押して「NVDA」と読み上げるアイコンを選択します。ここがタスクトレイの中にあるNVDAアイコンです。見つからない場合は、もう一度1)からやり直します。

 4)NVDAアイコンでエンターキー、またはアプリケーションキーを押します。「NVDAメニュー」と読み上げます。

 5)上矢印キーで「終了」を選択してエンターキーを押します。

 6)終了のダイアログが開きます。「終了」「再起動」「アドオンを無効化して再起動」の3つの項目があります。「終了」があらかじめ選択されています。エンターキーを押します。これでNVDAが終了します。なお、再度立ち上げるには Alt + Ctrl + N です。

 <補足>

「アドオンを無効化して再起動」を実行すると、NVDAはすべてのアドオンを無効化した状態で再起動します。アドオンが原因で不具合があると思われるときにお使いください。アドオン自体は削除されるわけではありませんので、次回は通常通り起動します。

「終了」「再起動」「アドオンを無効化して再起動」の3つの項目はコンボボックスとなっています。選択は上下矢印キーです。「OK」「キャンセル」へはTabキーです。

7)タスクトレイからメモ帳など、元のアプリケーションに画面を切り替えるには、Alt+Tabキーを押します。デスクトップを表示するには Windows + D を押します。

■タスクトレイアイコンの表示方法の切り替え

Windows+Bを押しても「notification」「通知」「セブロンボタン」などという読み
上げがなかったら、タスクトレイ設定が、すべてのアイコンを表示する設定になっているかもしれません。

この場合では「ユーザーによって昇格された通知領域 ナニナニ」と読み上げている状態でスペースキーを押すと「ナニナニ」とフォーカスしていたアプリが立ち上がってしまいます。

そこで、タスクトレイアイコンをすべて表示するか、初期設定である一部を表示する設定かを確認してみたいと思います。

〈手順〉

Windows10の場合:

1)Windowsキーを押し、検索のエディットボックスにフォーカスがありますので、文字変換のモードで「タスク」と入力しエンターキーを押して文字列を確定します。

2)下矢印キーで検索結果を移動し「タスク バーに表示するアイコンの選択, システム設定」でエンターキーを押します。

3)「常にすべてのアイコンと通知を表示する」がその場で選択されています。

4)スペースキーで友好・無効を切り替えられます。

5)Alt+F4 を押します。

Windows7の場合:

1)Windowsキーを押し、検索のエディットボックスにフォーカスがありますので、文字変換のモードで「タスク」と入力し円ターキーで文字列を確定します。

2)下矢印キーで検索結果を移動し、「タスクバーとスタートメニュー」でエンターキーを押します。

3)Tabキーを何度か押して「カスタマイズ ボタン」でエンターキーを押します。

4)Shift+Tabキーを押して「タスクバーに常にすべてのアイコンと通知を表示する」のチェックボックスを選択します。スペースキーで設定を切り替えられます。

5)Tabキーを押してOKでエンターキーを押し、カスタマイズのダイアログからタスクバーとスタートメニューのプロパティに戻ります。

6)さらにTabキーを押してOKボタンまで移動し、エンターキーを押し、適宜設定が実行されます。

■はじめてタスクトレイを操作した方へ

タスクトレイは、通知領域またはシステムトレイなどとも呼ばれる領域です。パソコンの画面下部右にあります。いろいろな呼び方がありますが、ここでは「タスクトレイ」と呼んでいます。

タスクトレイのアイコンの種類はパソコンの環境により異なります。
しかし「時計」のようにどのパソコンでも表示されているアイコンや、ユーザーに注意を促すもの接続・バッテリー・音量などパソコンの状態を把握したり調整するためのものなどがアイコンとして並んでいます。

対象となるアイコンに移動して円ターキーやアプリケーションキーなどを押すと、何らかのアクションが実行できることが多いです。

例えば、パソコン全体の音量はそのままでYoutubeの音量だけを小さくしたい、Skypeの音量を大きくしたいという場合など、タスクトレイの音量のアイコンから調整できます。

NVDAにはタスクトレイの操作を寄り快適に行える
「シストレイリスト」というアドオンがあります。適宜お使いください。

視覚障碍者向けWindows 10 アップグレード管理ガイド

Microsoftより、視覚障碍者向けWindows 10 アップグレード管理ガイドについて情報が公開されました。

https://blogs.technet.microsoft.com/cs3_windows/2016/06/30/%E8%A6

これは Windows 10 に更新されてしまったけれど、
キーボードと画面読み上げソフト環境下で、
どうやって元の Windows に戻すかの操作方法が記載されています。

内容は PC-Talker を取り上げていますが、ほぼすべての画面読み上げソフト環境下でも適用できると思われます。
(ある程度操作に慣れていないと難しい部分があります)

下記、重要部分の抜粋を記載します。

なお、当センターのパソコン斡旋サービスで購入されている方についてはセンターのITサポートで、操作の代行依頼を受け付けいたします。

その他の方は、千葉県にお住まいの方、また NVDAヘルプデスク の会員登録をしている方は、上記操作方法のご相談に応じます。(詳細は記事下部を参照)

アップグレードしたWindows 10から以前のバージョンのWindowsへ戻す方法

Windows 10にアップグレード後 31日以内であればアップグレード前の以前のWindowsバージョンに戻すことができます。
この手順ファイルではWindows 10 アップグレード後に、[設定] の [更新とセキュリティ] にある [回復] から、以前のバージョンの Windows に戻す方法について 音声とキーボードを使用した操作方法を説明します。
ここでご紹介する手順は、PC-Talker 8または7が入った環境での手順を説明しています。

<手順ファイルのダウンロードは以下から>

Windows10へのアップグレードをブロックする方法 

お使いのWindows 7 SP1またはWindows 8/8.1からWindows 10へのアップグレード通知および、アップグレードを事前にブロックすることができます。
この手順ファイルではWindowsのホーム画面に出てくるアップグレードの予約通知、アップグレードをブロックする方法について音声とキーボードを使用した操作方法を説明します。この操作により、Windows 10へのアップグレードの通知が表示されなくなります。
ここでご紹介する手順は、PC-Talker 8または7が入った環境での手順を説明しています。

<手順ファイルのダウンロードは以下から> 
- Windows 7 SP1 の場合

- Windows 8/8.1 の場合

“Windows 10にようこそ”画面から以前のバージョンのWindowsへ戻す方法

Windows 10の推奨アップグレードによりスケジュールされたWindows 10アップグレードのプロセス(3回の再起動の後)中で「Windows 10にようこそ」画面が表示されます。
この手順ファイルではWindows 10 アップグレード中に表示される「Windows 10にようこそ」画面からアップグレードをキャンセルし、以前のバージョンのWindowsに戻す方法について 音声とキーボードを使用した操作方法を説明します。

<手順ファイルのダウンロードは以下から> 


参考

NVDAの点字対応状況(日本語変換IMEとの関係)

点字ディスプレイ使用時の日本語変換IMEについて説明します。

下記、NVDA2016.2で動作検証しています。また、ATOK2015以降、Microsoft IME、Microsoft Office IME2010、ソーシャルIMEで検証しました。

これら日本語変換システムにおいて、問題なく点字表示できることを確認済みです。

しかし、グーグルIMEに関しては不具合があります。

日本語変換するときに、スペースキーで変換する場合、二つ目まで正常に点字表示されますが、三つめの候補から点字表示が変わりません。(音声読み上げは正常です)

さらに、スペースキーでなく、上下キーで移動しようとすると、そこで変換が決定されてしまいます。

グーグルIMEのこの現象の回避方法は、スペースキーで移動しながら三つ目以降の候補では、Altキーを押してからスペースキーを押すと、点字に変換されて表示されます。

不思議な現象ですね。これは、不具合かもしれませんので、今後、開発をされている方に改善を要望したいです。

NVDAの点字対応状況(各レビューモードにおける点字表示の挙動)

下記の内容は、NVDA 2016.2の環境で確認しています。

NVDA + ページアップ または NVDA + ページダウンキーで「オブジェクトレビュー」「ドキュメントレビュー」「画面レビュー」のモードを切り替えることができますが、これらレビューモードにおける点字表示の挙動について説明します。レビューモードそのものの理解については、NVDAユーザーガイドの「5.6. レビューモード」です。

下記の操作のうち、点字表示の追従モードの切り替えは、 NVDA + CTRL + T です。検証は、メモ帳で確認しました。ウェブブラウザだと若干動作が異なる場合があります。

内容を読み解くには、レビューカーソルの理解が必用なのですが、若干NVDA固有の仕様もあるように思われます。音声では読み上げるのに点字だと表示が変わらない場合の参考にしてください。

点字表示が変わらない場合には、レビューカーソルを使います。テンキーの7や9でレビューカーソルを動かすと、それにともなって点字表示も動的に変化します。

●オブジェクトレビューモード時の挙動について

  • 「点字はレビューを表示」は、上下矢印キーでの追従も、レビューカーソルの追従もできます。
  • 「点字はフォーカスを表示」は、上下矢印キーでの追従も、レビューカーソルの追従もできます。

●画面レビューモード時の挙動について

  • 「点字はレビューを表示」は、上下矢印キーの追従はしません。つまり、点字表示は変わりません。レビューカーソルは追従します。
  • 「点字はフォーカスを表示」は、上下矢印キーを追従します。レビューカーソルは追従しません。

●ドキュメントレビューモード時の挙動について

  • 「点字はレビューを表示」では上下矢印キーでの追従も、レビューカーソルの追従もできます。
  • 「点字はフォーカスを表示」では上下矢印キーでは追従しますが、レビューカーソルは追従しません。

また、点字ピンディスプレイ使用時、アプリによっては、ときどき点字表示が変わらなくなるときがあります。そうしたときに、オルトキーを2回押すと点字表示が更新されるがよくあります。テクニックとして覚えておくと良いかと思います。