Windows10 予備知識3 スタート画面のカスタマイズ

今回はWindows10のスタート画面のカスタマイズについてご案内いたします。

タスクバーへのコルタナウインドウの表示非表示

スタート画面でTabキーを押した時に「コルタナに話しかける」ボタンが邪魔になる場合、タスクバー上のコルタナを非表示にすると、Tabキーを押すと、すぐに開始リストにフォーカスします。

設定方法
(1)WindowsキーとBを押しタスクトレイに移動します。
(2)アプリケーションキーまたはShift+F10を押し、コンテキストメニューを表示します。
(3)下矢印キーで「Cortana」を選択し、エンターキーを押します。
(4)上下矢印キーで表示内容を変更し、エンターキーで確定します。
(5)Windowsキーを押し、Tabキーで実際の動作を確認します。
※Cortanaを非表示にしていてもWindows+CでCortanaを使用できます。
※Windows10のバージョンにより、「Cortanaのボタンを表示する」になっている場合があります。

タイルメニューのカスタマイズ

タイルメニューは初期状態では、非常に多くのプリインストールアプリがピン留めされており、使い勝手の悪いものとなっています。
一度全てのピン留めを外し、普段使うアプリのみピン留めすると使いやすくなります。

操作手順

ピン留めの外し方

(1)スタート画面を表示し、Tabキーで「ピン留めしたタイル」リストに移動します。
(2)上下左右矢印キーでピン留めを外すアプリを選択し、アプリケーションキーまたは、Shift+F10を押し、続いてエンターキーを押すとピン留めを外せます。
(3)手順1と2を繰り返し、全てのピン留めを外します。
(4)エスケープキーを押し、スタート画面を閉じます。
(5)Windowsキーを押し、スタート画面を表示し、Tabキーでピン留めしたタイルに何も表示されていない事を確認します。

ピン留めの仕方

(1)Windowsキーを押し、スタート画面を表示します。
(2)アプリ名を入力しピン留めしたいアプリを候補として表示するか、全てのアプリからピン留めしたいアプリを選びます。
(3)アプリケーションキーまたはShift+F10を押し、コンテキストメニューを表示し、「スタートにピン留め」を選びエンターキーを押すとピン留めされます。
(4)エスケープキーを押し、スタート画面を閉じます。
(5)Windowsキーを押し、スタート画面を表示し、Tabキーでピン留めしたタイルに移動し、上下左右矢印キーで正常にピン留めされた事を確認します。

Windows10 予備知識2 Windows10のスタート画面

今回はWindows10のスタート画面の内容についてご案内いたします。

概要
Windows10のパソコンでは、初期セットアップを終えた直後にWindowsキーを押すと、「コルタナ検索ウインドウ」があり、Tabキーを押す毎に「コルタナに話しかける」「開始リストナビゲーション項目」、「全てのアプリ」リスト、「ピン留めしたタイル」と進んで行きます。
各項目の操作は以下の通りです。

コルタナ検索ウインドウ
「コルタナ検索ウインドウ」では、使用したいアプリ名やファイル名を入力すると、候補が読み上げられ、エンターキーを押すと実行されます。
例えば、Outlookを起動する場合は「outlook」の数文字を入力した時点で候補が読み上げられます。
Wordの場合も「Wor」辺りで候補が読み上げられます。
コルタナはAIアシスタントと呼ばれるシステムで、学習能力がある為、よく使うアプリは入力する文字数が少なくても候補に出やすくなって行きます。

コルタナに話しかける
このボタンは、iPhoneのSiriと同様に、コルタナに音声で話しかけたい場合に使用します。
※初回起動時は、規約やマイクへのアクセスの許可を求めるダイアログが表示されます。
※Siriに比べると機能は少ない印象です(2019年10月16日執筆時現在)

開始リスト・電源ボタン
開始リストは、初期状態では、下矢印キーで辿ると「ドキュメント」「ピクチャ」「設定」などが並んでいます。
一番最後が電源ボタンで、ここでエンターキーを押すと電源メニューが表示され、上下矢印キーでシャットダウンやスリープなどが選べます。

また、電源操作はコンテキストメニューやショートカットキーでも操作可能です。
(1)Windowsキーを押しながらXを押し、上矢印キーで「シャットダウンまたはサインアウト(U)」を選びエンターキーを押します。
(2)上下矢印キーで実行したい項目を選び、エンターキーを押します。
Windows+Xに続いてU次にUでシャットダウン
Windows+Xに続いてU次にSでスリープのような操作も可能です。

「すべてのアプリ」リスト
すべてのアプリは「最近追加されたもの」、「よく使うアプリ」があり、以下数字、アルファベット、50音順にアプリが並びます。
上下矢印キーで選択可能です。
フォルダはエンターキーで展開後、更にその中の項目を選択します。
また、「Aグループ」と読まれた所で、A~Zのキーを押すと、各アルファベットの頭文字で始まるグループにジャンプします。

ピン留めされたタイル
タイル部分は上下左右の矢印キーで操作が可能です。
初期状態では、プリインストールアプリが並んでおり、非常に使いづらい為、一度全てのピン留めを外し、必用なアプリだけピン留めすると使いやすくなります。
タイル部分のカスタマイズ方法は次回ご案内いたします。

Windows10の予備知識1 セットアップとNVDAのインストール

Windows7のサポート終了までの期間も短くなって来ました。

今回の記事ではWindows10でのセットアップとNVDAのインストールについてご案内いたします。

初めに ナレーターの操作方法

最新のWindows10にはナレーターと呼ばれるスクリーンリーダーが初めから搭載されており、ナレーターはNVDAと操作方法に互換性がありますので、ご自身でセットアップが可能になっています。
表示される内容の詳細を読ませる時はNVDAの「ブラウズモード」のように操作できる「スキャンモード」を使用します。
スキャンモードのオンオフはNVDAのブラウズモードとフォーカスモードの切り替えと同じくインサートまたは無変換を押しながらスペースキーで操作可能です。

Windows10のセットアップ

Windows10のパソコンでは、購入直後に電源を入れ起動すると、初めはコルタナによる音声ガイドでセットアップが始まります。
案内に従って操作して行くと「補助のスクリーンリーダーを使用するにはCtrl+Windows+Enterを押してください」と案内されますので、指示に従いCtrl+Windows+Enterを押し、ナレーターを有効にします。
後は、ガイダンスに従って操作して行くことでセットアップが完了します。
※ガイダンスの内容は、メーカー、機種毎や、プリインストールされているアプリの状態により、異なります。
※マイクロソフトアカウントをお持ちでない方は、ローカルアカウントでセットアップを続行してください。
セットアップが完了すると、デスクトップ画面になります。
この状態でWindowsキーを押し、「memo」と入力し、「メモ帳 アプリ」と読まれたらエンターキーを押し、メモ帳を起動して日本語を入力すると、変換候補の読み上げが上下矢印キーでの操作をしないと読まない事に気づくと思います。
そのため日本語環境では、必ずスクリーンリーダーのインストールが必要となるのです。

それでは、ここまで来ましたらNVDAをインストール行います。

NVDAのインストールで手順

(1)WindowsキーとRを押し、「ファイル名を指定して実行」ダイアログと読まれたら、http://i.nvda.jpと入力し、エンターキーを押します。
(2)Microsoft Edge(Windows10用のブラウザ)が起動し「新しい通知 Alt+Nキーを押してください」と読みます。
(3)Alt+Nを押すかTabキーを押すと「実行」と読みますので、更にTabキーを押し、「保存」に進みエンターキーを押します。
(4)しばらく待つと、「nvda_○○jpのダウンロードが完了しました。」と読みます。
※○○には現在のバージョン番号が入ります。
(5)Shiftキーを押しながらTabキーを押し、「実行」を選びエンターキーを押します。
(6)NVDAのテーマ音楽が鳴りだしたら、Ctrl+Windows+Enterを押し、ナレーターを終了します。しばらく待つと、NVDAが起動します。
(7)NVDA使用許諾契約が読み上げられ始めますので、Tabキーを押し「同意する」でスペースキーを押し、チェックを入れます。
(8)Tabキーで「このコンピューターにNVDAをインストール」を選び、エンターを押します。
(9)NVDAのインストールダイアログが出ますので、エンターを押すとインストールを開始します。
警告音が鳴った時は、Altキーを押しながらYを押すとインストールを続行します。
(10)インストール完了のガイダンスが流れたらエンターを押すと、インストールされたNVDAが起動し、「ようこそNVDAへ!」に続き、NVDAの使い方や簡単な初期設定情報がガイダンスされます。
ようこそ画面での設定内容の詳細については、
「ようこそ画面」へようこそ

NVDAの「ようこそ画面」にようこそ


を参照して下さい。

※キーボード配列はテンキーの無いノートパソコンでは必ず、「ラップトップ」を選択してください。
※次回起動時に、NVDAを自動起動するには、ようこそ画面でTabキーを押し、「Windowsへのログオン後にNVDAを自動的に起動(A)」を選び、スペースキーを押してチェックを入れてある事を確認し、エンターキーを押します。

ナレーターも自動起動してしまう時は

ナレーターを自動起動しないようにするには、下記の操作が必要です。
(1)Windows+Iで設定を開きタブキーを押します。
(2)左右矢印キーまたは上下矢印キーで「簡単操作」まで行きエンターキーを押し、タブキーを押します。
(3)上下矢印キーで「ナレーター」を選択し、エンターキーを押します。
(4)「サインイン後にナレーターを開始する」と「すべてのユーザーのサインイン前にナレーターを開始する」を選び、スペースキーを押し、「チェック無し」にしてください。
(5)Alt+F4で設定を閉じます。
(6)Windows+Xを押し、続いてU、Rと順番に押すか、Windowsキーを押し、スタートウインドウを開き、タブキーで「開始リスト」を選び、下矢印で「電源」を選びエンター、次に「再起動」でエンターキーを押して再起動します。
(7)再起動後にNVDAのみが起動して読み上げされる状態になっていれば正常にセットアップ完了です。
※NVDAとナレーターは初期状態では同じ音声を使用しています。
ナレーターとNVDAの区別をつきやすくするには、NVDAメニューの設定(P)、設定(S)と進み、「音声」グループでタブキーを押して行き、「音声(V)」コンボボックスで上下矢印キーを押し「Microsoft Ayumi」以外の音声にしてエンターキーを押し、音声の区別がつくようにしておく事をお勧めします。

NVDA日本語チームより、サイトワールドでのNVDA相談会のお知らせ

NVDA日本語チームより、サイトワールドでのNVDA相談会のお知らせです。
業務用にNVDAをご利用中の方々や業務用にNVDAの導入を検討中の皆様、是非ご来場ください。

詳細は下記リンクよりご確認いただけます。

NVDA相談会


視覚障害者向け総合イベントサイトワールド-イベント

以下引用です。

NVDA相談会

  • NVDA日本語チーム
  • 日時:11月1日(金) 13:30~16:00
  • 場所:すみだ産業会館サンライズホール 会議室4

視覚に障害がある人でも使えるように取り組んでおられるクラウドサービスとして kintone、クラウドサイン、Chatwork、freee の皆様をお招きします。
新しい楽しみ方や働き方に役立つクラウドサービスを、最新のWindowsと無料のスクリーンリーダーNVDAで活用していただくために、NVDA日本語チームはサービス事業者とユーザーが集まる意見交換の場を作ります。
まず各社のサービスとNVDAをご紹介します。
そしてNVDAユーザーの皆様からの ご質問にお答えし、ご要望も伺います。
皆様のアイディアもぜひ教えてください。
引用終わり

NVDAヘルプデスクからは、NVDA Expertの岡根、NVDAヘルプデスクスタッフとNVDA日本語チーム役員兼任の、野々垣が参加予定です。
多くの皆様のご来場お待ちしております。

NVDA日本語チームより NVDA 2019.2.1jpリリースのお知らせ

NVDA日本語版の翻訳・開発を手がけるNVDA日本語チームより NVDA 2019.2.1jp のリリース案内がありましたのでご紹介します。
なお、私たち NVDA ヘルプデスクは、本バージョンも含めたサポートを行います。
サポートについての詳細は こちらのサポート案内よりご覧ください。

NVDA 2019.2jpの詳細はNVDA日本語チームのページをご覧ください。
以下抜粋です。

NVDA 2019.2.1jp をリリース

無料(オープンソース)の Windows 用スクリーンリーダー NVDA (NonVisual Desktop Access) の 日本における開発コミュニティである NVDA 日本語チームは、 2019年10月2日に NVDA 2019.2.1jp をリリースしました。

インストーラーのダウンロードはこちらからどうぞ:

i.nvda.jp

Windows 10, 8.1, 8, 7(SP1) の32ビット版および 64ビット版に対応しています。 Windows 8 以降ではタッチ操作が利用できます。 NVDA 日本語版のライセンスは GPL v2 です。

NVDA は多くのアプリに対応し、 インストール不要で利用できるポータブル版、 アドオンによる機能拡張など、さまざまな特長を備えています。

NVDA 日本語チームがリリースする NVDA 日本語版は、 オーストラリアの非営利法人 NV Access がリリースする NVDA 本家版に 日本語の音声エンジンと点訳エンジンを追加するなど、 日本語 Windows 環境のための改良を行っています。
2019.2.1の変更点

NVDA 2019.2.1 で修正された内容は以下の通りです。

Gmail を Firefox または Chrome で使用した場合に、フィルターの作成や特定の設定の変更などで、ポップアップメニューを操作したときにクラッシュする不具合を修正しました。
Windows 7 において、スタートメニューでマウスを操作したときに Windows Explorer がクラッシュする不具合を修正しました。

2019.2.1jpの変更点

音声設定についての「NVDA日本語版の説明」の記述を訂正しました。NVDA日本語版では音声設定「大文字の前に大文字と読む」の初期状態はチェックなしです。過去の NVDA 日本語版では初期状態が「チェック」でしたが、 NVDA 2017.1jp 以降では本家版の初期値に合わせています。

NVDA Expert 2019 認定の報告

この度、NVDAヘルプデスクの岡根鉄郎がオーストラリアのNVDA開発元であるNPO法人「NV Access」が実施している認定試験「NVDA Expert 2019」に合格しましたので報告いたします。

挨拶文

NVDAヘルプデスクの岡根と申します。
「NVDA Expert 2019」合格を機に、これまで以上により一層、NVDAユーザーの皆様のお役に立てるよう尽力して参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

岡根鉄郎

NVDA Expert 2019 認定証

認定証

原文
NVAccess CERTIFCATE OF COMPLETION
This to certify that
Tetsuro Okane
has completed the requirements to be known as an
NVDA CERTIFIED EXPERT 2019
Officially recorded on 27th August 2019
Quentin Christensen
Training & Support Manager
Certificate nunber:00135

日本語訳
NVAccess修了証明書
これは、岡根鉄郎が「NVDA 認定 エキスパート 2019」として
必要な知識の要件を満たしていることを証明するためのものです。
2019年8月27日 公式に記録
クエンティン・クリステンセン
トレーニング&サポートマネージャー
証明書番号:00135

証明書のレイアウト(NV Accessからの説明文の翻訳)

上部には、「NV Access」という言葉の横にあるNV Accessのロゴがあります。
「NV」の文字はオレンジ色で、「アクセス」は紫色です。
証明書には、基本文字色は黒で、主要文字がより太い紫色のフォントで書かれています。
「NVDA Certified Expert(NVDA認定エキスパート2019)」ロゴには、「NVDA Certified Expert」という言葉の隣にNV Accessロゴがあります。 「NVDA」文字と水平の線は、上半分に紫色で表示されます。これらの下にある「Certified Expert(認定エキスパート)」はオレンジ色で、下の「2019」は青緑色です。証明書には、中程度の灰色の影付きの2本の実線で構成される紫色の境界線があります。 NV Accessロゴのスタイルの4つのかすかなオレンジ色のサンバーストがページの空白の領域に配置されています。
NV Accessのロゴは、16ポイントの中空の紫色の太陽の形です。 8点はシャープで三角形で、紫色に着色されています。紫色の点は、オレンジまたはターコイズの丸い点の間で交互になります。太陽の円の内側には紫色のダイヤモンドの輪郭があり、中央には中空の青緑色のリングがあります。

NVDAヘルプデスク版バージョン2.1リリースのお知らせ

このたびWindows用画面読み上げソフト「NVDA」の拡張機能(アドオン)として「NVDAヘルプデスク版 バージョン2.1」をリリースしました。

NVDAヘルプデスク版 Version 2.1 の変更点

  • Version 2.0 で発生した読み上げ内容の誤読を改善しました。
  • クリップボードショートカットキーの読み上げを無効にした場合に条件によって適切にコピー・切り取り・貼り付けができなかった問題を改善しました。
  • 読み上げ辞書の切り替え機能に「使用しない」の選択肢を追加しました。
  • 簡単設定にヘルプデスク版の設定を初期値にするための「デフォルト」ボタンを追加しました。

その他、NVDAヘルプデスク版のすべての機能については下記ページをご参照ください。

NVDAヘルプデスク版のご案内

NVDA日本語チームより NVDA 2019.2jpリリースのお知らせ

NVDA日本語版の翻訳・開発を手がけるNVDA日本語チームより NVDA 2019.2jp のリリース案内がありましたのでご紹介します。
今回のハイライトはWindows10で利用可能なOneCore 音声で「高速読み上げ」が可能になりました。
なお、私たち NVDA ヘルプデスクは、本バージョンも含めたサポートを行います。
サポートについての詳細は こちらのサポート案内よりご覧ください。

NVDA 2019.2jpの詳細はNVDA日本語チームのページをご覧ください。
以下抜粋です。

無料(オープンソース)の Windows 用スクリーンリーダー NVDA (NonVisual Desktop Access) の 日本における開発コミュニティである NVDA 日本語チームは、 2019年8月15日に NVDA 2019.2jp をリリースしました。
インストーラーのダウンロードはこちらからどうぞ: i.nvda.jp
Windows 10, 8.1, 8, 7(SP1) の32ビット版および 64ビット版に対応しています。 Windows 8 以降ではタッチ操作が利用できます。 NVDA 日本語版のライセンスは GPL v2 です。
NVDA は多くのアプリに対応し、 インストール不要で利用できるポータブル版、 アドオンによる機能拡張など、さまざまな特長を備えています。
NVDA 日本語チームがリリースする NVDA 日本語版は、 オーストラリアの非営利法人 NV Access がリリースする NVDA 本家版に 日本語の音声エンジンと点訳エンジンを追加するなど、 日本語 Windows 環境のための改良を行っています。

2019.2の変更点

NVDA 2019.2 で修正された内容は以下の通りです。

  • OneCore 音声で「高速読み上げ」が可能に
  • ページ読み込み時にブラウズモードを有効にしないオプションの導入
  • 「句読点/記号読み辞書」がフィルターで絞り込み可能に
  • Freedom Scientific 点字ディスプレイのドライバー更新
  • その他バグ修正

2019.2jpの変更点

  • Windows 10 クリップボード履歴の読み上げが行えない不具合を修正しました。
  • Windows 10 Insider Preview で導入されている新しい Microsoft 日本語 IME への対応をいったんキャンセルしました。前のバージョンと同じ動作にしたい場合はGitHub の議論を参照してください。

NVDA + Firefox で Facebook Messenger の使用

NVDAヘルプデスクではSkypeやLINEの使い方に触れて来ましたが、現状はChrome版LINEでの文字のやり取りは出来ても、音声通話はWindows10のアプリの操作が難しいため、利用できません。

そこで、 Facebook のMessengerであればパソコンからでも音声通話ができます。操作方法をまとめました。

※この記事と Facebook MessengerをCtrl+Tabで切り替えながら操作すると正常に動作しなくなることがあり、予め他の機器や点字などでメモを取って頂いてから操作することをお勧めいたします。

音声またはビデオ通話の使い方

1.予め、 Facebook にログインしてから、下記Messengerページにアクセスします。
www.facebook.com/messages/

2.NVDA+スペースでブラウズモードに切り替えます。

3.エディットを辿る1文字ナビゲーションEを1回押します。

4.「検索」コンボボックスでNVDA+スペースで再びブラウズモードになっていることを確認します。

5.エディットを辿る1文字ナビゲーションEを1回押します。

6.「Messengerを検索」エディットで、NVDA+スペースでフォーカスモードに切り替えます。

7.相手の名前を入力します。

8.入力が終わったら何もせずにしばらく待ち、「Messengerを検索」に続いて相手の名前が読まれます。

9.NVDA+スペースでブラウズモードに切り替えます。

10.NVDA+F7で「要素リスト」を表示します。

11.上下矢印キーで相手の名前のリンクを探してエンターキーを押します。
(フルネームで入力した場合下矢印キー1回または2回目ですぐに相手の名前が出ます。)

12.チャットの入力欄にカーソルが合わさり「メッセージを入力」と読まれ自動的にフォーカスモードになります

13.NVDA+スペースでブラウズモードに切り替えます。

14.Ctrl+Homeを押してカーソルを先頭に戻します。

15.”H”を4回押して見出しとして、相手の名前が読まれるのを確認します。

16.下矢印キーで「音声通話を開始します」と読む部分を選び、エンターキーを押します。

17.別ウインドウで通話ウインドウが自動的に開き相手が出れば通話可能になります。
※マイクへのアクセスの許可を求められた時はガイダンスに従い、Alt+Aを押して許可してください。

18.通話を終了するときは、Alt+F4で通話ウインドウを閉じます。

19.「Messenger」自体を完全に終了する場合は先に開いていた Firefox のウインドウも閉じます。

チャットの使い方

1.予め、 Facebook にログインしてから、下記Messengerページにアクセスします。
www.facebook.com/messages/

2.NVDA+スペースでブラウズモードに切り替えます。

3.エディットを辿る1文字ナビゲーションEを1回押します。

4.「検索」コンボボックスでNVDA+スペースで再びブラウズモードになっていることを確認します。

5.エディットを辿る1文字ナビゲーションEを1回押します。

6.「Messengerを検索」エディットで、NVDA+スペースでフォーカスモードに切り替えます。

7.相手の名前を入力します。

8.入力が終わったら何もせずにしばらく待ち、「Messengerを検索」に続いて相手の名前が読まれます。

9.NVDA+スペースでブラウズモードに切り替えます。

10.NVDA+F7で「要素リスト」を表示します。

11.上下矢印キーで相手の名前のリンクを探してエンターキーを押します。
(フルネームで入力した場合下矢印キー1回または2回目ですぐに相手の名前が出ます。)

12.チャットの入力欄にカーソルが合わさり「メッセージを入力」と読まれ自動的にフォーカスモードになります

13.相手に送りたい内容を入力してエンターキーを押すと、送信されます。
※改行したい時はシフトを押しながらエンターキーを押してください。

14.返信が届いたらNVDA+スペースでブラウズモードに切り替えます。

15.Shift+Hでメッセージ欄内の見出しを辿り下矢印キーでメッセージの内容を読めます。

以上、参考になりましたら幸いです。

執筆 NVDAヘルプデスク 岡根、分析 御園