NVDAでサピエを利用する -再生編 AMISでDAISY図書を再生する-

AMISの特徴

AMIS: adaptive multimedia information system(アミ)は無料で利用できるオープンソースのDAISY再生用ソフトウェアです。フルテキストおよびフルオーディオのマルチメディアDAISYの再生が可能で、DAISY 2.02規格をサポートしています。

AMISの使い方

サピエからダウンロードしたファイルまたはドキュメント及びUSBメモリなどに保存したファイルの場合

サピエからのをダウンロード方法についてはダウンロード編を参照してください。

1.Windowsキーを押し、下矢印キーで「AMIS」を選び、エンターキーを押して起動してください。
2.Altキーを押し「ファイル」と読まれたら下矢印キーで「検索」を選びエンターキーを押してください。
3.Tabキーを押し「参照」を選びエンターキーを押してください。
4.上下矢印でDAISY図書のあるフォルダー(ダウンロードフォルダーまたは展開先に指定したフォルダーやCDドライブ、USBメモリ等)を選び、エンターキーを押してください。
5.下矢印で「検索ボタン」を選び、エンターキーを押してください。
6.リストが表示されるので、上下矢印で書籍を選び、エンターキーを押してください。
7.読み込みが完了すると再生がスタートします。スペースキーで再生と一時停止です。

CDドライブの場合(最寄りの点字図書館などで借りたDAISY CDなど)

1.Windowsキーを押し、下矢印キーで「AMIS」を選び、エンターキーを押して起動してください。
2.CDドライブにDAISY-CDをセットします。
3.Altキーを押し「ファイル」と読まれたら下矢印キーで「CDから開く」を選びエンターキーを押してください。
4.リストが表示されるので、上下矢印で書籍を選び、エンターキーを押してください。
5.読み込みが完了すると再生がスタートします。スペースキーで再生と一時停止が可能です。

再生速度や音量を調整する

AMISでは再生中に以下の操作が可能です。

  • Ctrl+;またはテンキーのプラス 再生速度を上げる
  • Ctrl+- 再生速度を下げる
  • Ctrl+0 再生速度を標準に戻す
  • Ctrl+上下矢印 音量を調整する

読みたい場所にジャンプする

読み返したい場所や続きから読みたいページやご自身でブックマークを付けた所に移動する事が可能です。

  • 上下矢印 前後のセクション 
  • 左右矢印 前後ろのフレーズ
  • Ctrl+左右矢印 前後のページ
  • Ctrl+D ブックマークに追加する
  • Alt+B ブックマークメニュー/一覧を表示する

その他、AMISの詳細な操作方法はAMISを起動中にF1キーを押してユーザーガイドをご覧ください。

サピエをNVDAで使用する方法 -ダウンロード編-

初めに

本記事では Sapie ID やパスワードが発行され、必要なアプリがインストールされていることを仮定しています。初めてご利用の方は準備編も併せてご覧ください。

書籍データのダウンロード

1.サピエにアクセスします。
2.「サピエ図書館」を選びエンターキーを押します。
3.Tabキーで「点字データ検索」や「デイジーデータ検索」と読む部分の次のエディットを選び、フォーカスモードに切り替えて読みたい本の情報を入力し、Tabキーで「タイトル・著者簡易検索」ボタンを選び、エンターキーを押してください。
4.検索結果が表示されます。
検索結果一覧はテーブル形式なので、ブラウズモードでTを押すと素早くアクセス可能です。
5.Tabキーを押すとタイトル名とダウンボタンが交互に読まれますが、タイトル名の後のダウンボタンでエンターキーを押すとダウンロード可能です。
6.ファイルを保存するための画面になります。 Microsoft Edge ではAlt+Nを押し、Tabキーで保存を選びエンターキーを押してください。
Firefoxでは左矢印キーで「ファイルを保存」ボタンを選びエンターキーを押してから、Ctrl+Jを押してください。Google Chromeではダウンロード完了のメッセージが読まれたらShift+F6キーを押してください。
7.数十秒から数分でダウンロード完了のガイダンスがあります。

ダウンロードした本の展開

1.Windows+Eでエクスプローラーを開きます。
2.ダウンロードフォルダーを選択し、エンターキーで開きます。
※クイックアクセスに無い場合、Shift+Tabでツリービューに移動し、ダウンロードフォルダーを選びエンターを押した後、Tabキーで項目ビューに移動してください。
3.ダウンロードした圧縮された書籍を選び、アプリケーションキーまたはShift+F10を押します。
4.「7-Zip」を選びエンターキーを押し、「ここに展開」を選びエンターキーを押してください。
※ドキュメントやUSBメモリなどダウンロードフォルダー以外に展開したい場合「展開」を選びエンターを押し、「展開先」に別のフォルダーを入力してエンターキーを押してください。
5.プログレスバーの報告音が鳴り終わったら展開完了ですのでAlt+F4でエクスプローラーを閉じてください。

展開が完了したら、再生編に進んでください。

サピエ図書館をNVDAで使う 準備編

サピエ図書館をNVDAで使用する場合の操作方法をまとめました。
準備編ではサピエの利用登録についてと、AMISのインストール及び7-Zipのインストール方法をご紹介いたします。

サピエの準備

1.サピエIDとパスワードをお持ちでない方は、最寄りの点字図書館で利用登録をしてください。
利用登録についての詳細はサピエご利用方法及びサピエ会員登録を参照してください。
サピエIDとパスワードをお持ちの方は手順2に進んでください。
2.FirefoxやChrome、Edgeなどのブラウザでサピエにアクセスしてください。
3.Tabキーでログインを選び、エンターキーを押してください。
4.サピエIDとパスワードを入力します。
5.普段使いやすくするにはTabキーで「サピエIDとパスワードを保存する」を選び、スペースキーでチェックを入れてから更にTabキーを押し「ログイン」ボタンを選びエンターキーを押してください。

AMISのダウンロードとインストール

DAISYデータはそのままでは読ませることが出来ない為、下記のアプリをインストールする必要があります。
下記リンク(外部サイト)よりダウンロードしてインストールします。
AMIS3.1.4ファースト・ステップ・ガイド

インストールの操作手順も上記リンク先に記載されております。

7-Zipのインストール

サピエからダウンロードしたexeファイルを開く為に使用します。
7-Zipのインストール方法は下記リンクからご確認いただけます。
QWSで音楽再生、作成を楽しむ 第12回 7-zipのダウンロード・インストール – NVDA ヘルプデスク

既に上記記事のQWSの時にインストール済みの方は省略可能です。

以上で準備は完了です。

テレワークやオンライン講習に役立つアプリ「Zoom」のご紹介

新型コロナウィルスの影響で、外出せずにインターネットを使用して仕事や勉強をする方法が浸透してきています。

今回は主に企業でのオンラインミーティングや学校でのオンライン授業で導入の進んでいる、Zoomと言うアプリを紹介いたします。

Zoomは、NVDAだけでなく、JAWS、VoiceOver、TalkBackも公式対応しています。

Zoomのアクセシビリティーについて詳細 → アクセシビリティ – Zoom

以下に、Windows PC による簡易操作方法と、ホストと参加者側の対応の仕方を記載します。

■ホスト、参加者共通

Zoomクライアントをダウンロードします。ダウンロード url → zoom.us/download#client_4meeting

インストール方法

1.上記URLにアクセスし「ダウンロード Zoomミーティングクライアント」と読む部分でエンターを押し、指示に従いダウンロードします。
2.ダウンロードしたプログラムを実行すると、インストーラーが起動するので、指示に従いインストールしてください。
3.スタートメニューのZグループにZoomフォルダーとStartZoomが作られるので、起動を確認してください。
4.正常に起動すると「ミーティングに参加」「サインイン」が選べます。
5.Alt+F4で終了できます。

■ホスト側(ホストは会議の主催者やオンライン講習の講師を示します)

●開始の仕方

1.Zoomを起動し、サインインし、ミーティング開始までに参加者へ参加用 URL をメールで伝えます。※初めて使う場合、サインアップを選び、指示に従ってアカウントを作成する操作が必要です。
2.ミーティング開始時間までに、ズームミーティングをオンラインにします。
3.参加者が参加するまで待ち受けます。
※ミーティングを開始してしばらく待っても参加者が参加できない場合は電話等で連絡し、適宜通話でのサポートを行います。

●終了の仕方

1.「ミーティングを退出」でエンターを押します。
2.「全参加者のミーティングを退室」を実行します。
3.「Zoom」アプリを完全に終了するには、Alt+F4で閉じます。

■参加者側(参加者は会議に参加するメンバーやオンライン講習の受講者を示します)

●開始の仕方

1.ミーティング開始までに予めズームをインストールしておきます。※初回のみ(インストール方法は「■ホスト、参加者共通」の部分から確認してください。)
2.ミーティング開始までにホストからのミーティング URL・ミーティング IDをメールで発行してもらいます。
3.ミーティング開始時間になったら普段使用のメールソフトを開き、メール本文内に書かれたURLを開きます。
4.Zoomを開く確認ダイアログが表示されるので、エンターキーを押します。
5.「コンピューターでオーディオに参加」でエンターを押します。

●終了の仕方

1.ホストがミーティングを終了した場合、自動的に終了します。自分だけ退出したい時は「ミーティングを退出」でエンターを押します。
2.「Zoom」アプリを完全に終了するには、Alt+F4で閉じます。

NVDAの読み上げ順序でホームページの作りがわかる!?

NVDAは視覚障害当事者がパソコンの画面を読ませる目的で使用するのはもちろん、プログラマーやWebエンジニアの方々の間でアクセシビリティチェックツールとしても普及が進んでいます。
NVDAヘルプデスクでも、アクセシビリティの検証を行う事があり、気付いた事があります。
例えば「リンク 見出し レベル3 何々」のような読まれ方と、「見出し レベル3 リンク 何々」のような読まれ方の違いがあるのです。
<a href=”https://nvda.help”><h3>NVDAヘルプデスク</h3></a>では、「リンク 見出し レベル3 NVDAヘルプデスク」と読まれ、
<h3><a href=”https://nvda.help”>NVDAヘルプデスク</a></h3>では、「見出し レベル3 リンク NVDAヘルプデスク」と読まれます。
実際にHTMLで記述した結果は下記のリンクのようになります。

NVDAヘルプデスク

NVDAヘルプデスク

画面的には全く同じになっているはずですが、NVDAで読ませると読み方が変わります。
これは、htmlタグで、リンクタグの中に見出しタグを入れているのか、見出しタグの中にリンクタグを入れているのかで変わっています。
他のスクリーンリーダーでは、変化がない様子なので、NVDAならではの特徴と言えます。

参考情報

NVDAには、開発者向けの物が公開されており、ウェブアクセシビリティー基盤委員会のホームページの「W3C エディターズドラフト Understanding WCAG 2.1 解説書」や総務省の「みんなの公共サイト運用ガイドライン」の中に、アクセシビリティを確保する為に必要な基準が詳しく載っていますので、ホームページ作り等に携わられている方々でこの記事をご覧になられた際はご活用ください。
開発者の為のNVDA(NVDA日本語チームのページに遷移します※現在はWindows8.1以降が対象環境です)
WCAG 2.1 解説書(ウェブアクセシビリティ基盤委員会のページに遷移します)
みんなの公共サイト運用ガイドライン(総務省の公開しているPDFファイルです)

Chrome及び、FirefoxでYouTubeを視聴する

YouTubeがインターネットエクスプローラーのサポートの終了を発表しました。
インターネットエクスプローラーからYouTubeにアクセスすると「このブラウザのサポートはまもなく終了します。快適な視聴をお楽しみいただくためには、ブラウザをアップデートしてください」と表示されたり、ヘルプページでは「YouTube は Internet Explorer のサポートを終了しました。引き続き YouTube をご利用になるには、ブラウザを Chrome にアップデートしてください。」と言うメッセージが表示されます。

Google社の詳細ページはこちら
快適に視聴するためにブラウザをアップデートする – YouTube ヘルプ

上記のご案内を受けまして、今回はGoogle Chrome及び、Mozilla FirefoxでYouTubeを視聴する方法とNVDAヘルプデスクで提供している便利ツールをご紹介いたします。
尚、Microsoft Edgeにつきましては、4月以降に日本でもChromium版に正式移行する予定が発表されており、移行後はGoogleChromeとほぼ同等の操作で扱える為、移行後はGoogleChromeの部分を参照し、Edgeに読み替えて操作してください。現行のEdgeでは日本語入力を上手く読まない為、説明を省略させていただきます。

Google ChromeでYouTubeを視聴する

1.Google Chromeを起動します。
2.www.youtube.com/ にアクセスします。
3.検索欄に移動し、Insertまたは無変換キーを押しながらスペースを押し、フォーカスモードに切り替えます。(カシャっと鳴った状態がフォーカスモードです。キー操作は以下「NVDA+スペース」のように記載します。)
4.視聴したい動画のキーワードを入力し、エンターを押します。
5.検索結果が表示されたら、NVDA+スペースでブラウズモード(ポンと鳴った状態)に切り替え、Hを押して行くと、検索結果のタイトル部分を辿れますので、目的の動画を選びます。
6.エンターを押すと動画の読み込みが開始されます(環境により自動的に再生がスタートします。)
7.フォーカスモードに切り替え、fを押すとフルスクリーンモードに切り替わり、jで巻き戻し、kで再生/一時停止、lで早送りの操作が出来るようになります。
※動画の先頭とNVDAの読み上げが重なってしまう時は、Ctrlキーで読み上げを止めてから、jで巻き戻すと先頭からスムーズに聞き取れます。
8.再生終了後や途中で一時停止してからエスケープキーを押すと全画面表示を終了します。
9.検索結果一覧に戻るにはAlt+左矢印を押してください。
10.完全に終了するには、Alt+F4を押し、Chromeを終了させます。

Mozilla FirefoxでYouTubeを視聴する

1.Mozilla Firefoxを起動します。
2.https://www.youtube.com/ にアクセスします。
3.検索欄に移動し、Insertまたは無変換キーを押しながらスペースを押し、フォーカスモードに切り替えます。(カシャっと鳴った状態がフォーカスモードです。キー操作は以下「NVDA+スペース」のように記載します。)
4.視聴したい動画のキーワードを入力し、エンターを押します。
5.検索結果が表示されたら、NVDA+スペースでブラウズモードに切り替え、Hを押して行くと、検索結果のタイトル部分を辿れますので、目的の動画を選びます。
6.エンターを押すと動画の読み込みが開始されます。(環境により自動的に再生がスタートします。)
7.フォーカスモードに切り替え、fを押すとフルスクリーンモードに切り替わり、jで巻き戻し、kで再生/一時停止、lで早送りの操作が出来るようになります。
※動画の先頭とNVDAの読み上げが重なってしまう時は、Ctrlキーで読み上げを止めてから、jで巻き戻すと先頭からスムーズに聞き取れます。
8.再生終了後や途中で一時停止してからエスケープキーを押すと全画面表示を終了します。
9.検索結果一覧に戻るにはAlt+左矢印を押してください。
10.完全に終了するには、Alt+F4を押し、Firefoxを終了させます。

便利ツールのご紹介

NVDAヘルプデスクでは、YouTubeを簡単に使えるように「YouTube簡易検索」を提供しております。
ブックマークしておくと便利です。

YouTube簡易検索

YouTube簡易検索の使い方

1.Chrome及びFirefoxを起動し、上記YouTube簡易検索リンクにアクセスします。
2.フォーカスモードに切り替えキーワードを入力し、エンターを押します。
3.検索結果が表示されますので、Tabキーで目的の動画を探します。
4.エンターを押すと動画の読み込みが開始されます。(環境により自動的に再生がスタートします。)
5.フォーカスモードに切り替え、fを押すとフルスクリーンモードに切り替わり、jで巻き戻し、kで再生/一時停止、lで早送りの操作が出来るようになります。
※動画の先頭とNVDAの読み上げが重なってしまう時は、Ctrlキーで読み上げを止めてから、jで巻き戻すと先頭からスムーズに聞き取れます。
6.再生終了後や途中で一時停止してからエスケープキーを押すと全画面表示を終了します。
7.検索結果一覧に戻るにはAlt+左矢印を押してください。
8.完全に終了するには、Alt+F4を押し、Chrome及び、Firefoxを終了させます。

Skypeの新機能 録音機能の使い方

NVDAヘルプデスクではSkypeの最新版について紹介しておりますが、Skypeのバージョン8への正式移行と共に、新機能も搭載されました。
今回はその新機能である録音機能についてご紹介いたします。

会話の中でスクリーンリーダーの音声を聞き取りながら、スムーズにメモを取るのは大変な事ですが、新機能の録音機能を使えば、後で録音を聞き返して確認出来て便利ですので、新機能も活用してみましょう。

操作方法

1. 通話中にタブキーで「その他のオプション」ボタンを選びエンターキーを押します。
2. 上下矢印キーで「録音を開始」に移動し、エンターキーを押します。
録音が開始されます。
3. 途中で録音を止めたい場合、タブキーで録音を停止まで移動し、録音を止めます。
※通話を終了しても録音は停止します。
4. チャットの画面にビデオファイルとして表示されますので、ファイル部分を選択し、エンターを押すと再生画面に進みます。
5. 上記でエンターではなく、アプリケーションキーを押すと、メニューが表示され、ダウンロードフォルダに保存が可能です。
※再生中に「その他のオプション」ボタンを選択しても、保存が選択可能です。
※「名前を付けて保存」は初期状態ではプログラムファイルフォルダ内のSkypeフォルダになっており、そのままエンターを押すとプログラムファイル内に大容量ファイルが保存さてしまうため、パソコンのストレージ容量が少ないモデルでは、シフト+タブキーでツリービューまで移動し、USBメモリや外付けHDD等、別のドライブを選択してから保存してください。

Skype for Windows最新版の操作についてと改善点

NVDAヘルプデスクではSkypeの最新版について紹介しておりますが、マイクロソフトより、延期になっていたSkypeのバージョン8への正式移行が11月に行われるとの案内があり、移行に際してお困りの方々も多いようでお問い合わせが増えておりますので再度ご案内いたします。

基本操作や主要なホットキーにつきましてはこちらをご覧ください。

Skypeバージョン8正式移行とバージョン7サービス終了について

基本的には、通話相手を選びEnterキーを押し、Ctrl+Shift+Pで音声通話、Ctrl+Shift+Kでビデオ通話、通話を終了する時はCtrl+Eです。

また、以前の記事で通話に応答する際の操作を、Windowsキー+Vで通知に移動し、タブキーで音声かビデオかを選択することをご案内しておりますが、操作が難しいとの意見が多く、マイクロソフトへフィードバックを行ったところ、最新版(デスクトップアプリ8.33.0.50以降及び、Windows10ストアアプリ14.33.0.41以降)では、着信時に、発信の時と同様に、Ctrl+Shift+Pで音声で応答、Ctrl+Shift+Kでビデオ通話で応答が可能となっています。
なお、Skype以外にフォーカスしている時は、ポップアップでボタンが表示されるため、通知やTabキーでの操作となります。
そのため、上記ホットキーで応答するには、着信時にAlt+TabでSkypeにフォーカス後に操作してください。
受けた通話の時も、通話を終了する時はCtrl+Eで切れます。

Skype UWP, 8で相手がオンラインかどうかを知る方法

Skype(UWP, 8)で、相手がオンラインかどうかを知る方法です。

Skype UWP の場合
連絡先リストで、知りたい連絡先のところでエンターします。
フォーカスが、その連絡先の方とのチャットの入力エディットに移動します。
Shift+Tabキーを5回押すと、リンクというところに行きます。
(ビデオ通話ボタンから1回Shift+Tabを押したところです)
NVDAのキーボード設定がラップトップ配列の場合、NVDA+Shift+右矢印を2回押すと、アクティブな人の場合、現在アクティブと言います。
(NVDAのキーボード設定がデスクトップ配列の場合、NVDA+テンキー6を2回です)

または、連絡先リストを上下矢印で移動すると、エンターを押さなくてもその連絡先の方とのページに自動で切り替わっているので(これは8と動作の違うところです)、連絡先の方のところに着いたらTabキーを2回押すと、同じ「リンク」というところに行きます。
(もう一度Tabキーでビデオ通話ボタンです)
このリンクというところから、NVDAのキーボード設定がラップトップ配列の場合、NVDA+Shift+右矢印を2回押すと、アクティブな人の場合、現在アクティブと言います。
(NVDAのキーボード設定がデスクトップ配列の場合、NVDA+テンキー6を2回です)

ここまで、検証環境はWindows 10, Skype UWP, NVDA 2018.2.1jp です。

Skype 8 の場合
連絡先リストの読み上げにて、名前の次にオンラインの人についてはオンラインと読み上げます。
Minako1 Nonogaki オンライン チャット
これが、オフラインの場合、次のようになります。
Minako1 Nonogaki チャット

ここまで、検証環境はWindows 10, Skype 8.25, NVDA 2018.2.1jp です。

Skype 8での通話方法

Skype 8での、通話方法です。

Skype 8を起動します。起動時のフォーカス位置は、前回Skypeを終了した時にフォーカスがあった場所になるようです。
自分の情報 アクティブ ボタン が一番左上にあるボタンです。ここを基準にするとわかりやすいと思います。Control+Homeでもこのボタンに移動出来ます。
タブキーを押して行って、最初にチャットと読むところは、4つのタブのうちの1つになっていて、左右矢印で移動出来ます。チャット、通話、連絡先、通知の4つです。
会話リスト グループ と読むところが連絡先のリストです。上下矢印キーで1行ずつ移動出来ます。連絡したい連絡先を選んでエンターを押すと、右側三分の二の画面がその連絡先用の画面に切り替わります。最初はチャットの画面になっていて、メッセージを入力というエディットにフォーカスがあり、文字入力可能になっています。

Shift+Tabを一度押すと絵文字ピッカーを開く、と言います。ここから上矢印キーでチャット(会話)の吹き出しが順番に並んだリストです。
上下矢印キー、control+pageup,pagedown,home,endが効きますが、チャットのリストから出たSkype画面全体を移動してしまいControl+Homeでチャットの先頭に移動することが出来ません。

Shift+Tabを2回でグループに追加ボタン、3回で音声通話ボタン、4回でビデオ通話ボタンです。

かかって来た通話を受けるには、通話がかかって来ると画面上方に横長の着信バーが出て、自動でフォーカスがあたります。Tabキー数回で、〇〇さんからの通話に音声で応答、や、ビデオ通話で応答、などのボタンがあるので、エンターを押します。

通話を終了する時は、通話を終了ボタンをタブキーで探してエンターで押すことが出来ます。

検証環境は、Windows 8.1、Skype 8.25、NVDA 2018.2.1jpです。