NVDA / JAWS で Firefox を使用すると読み上げが遅延する問題、Firefoxがクラッシュする問題

Firefox バージョン 58からマルチプロセスをサポートするモードが搭載されましたが、スクリーンリーダーなど一部のアクセシビリティー製品では悪影響を及ぼしています。(詳細については mozillaによる説明を参照)

私どもNVDAヘルプデスクでは、上述のマルチプロセスサポートのモードが有効になっていると、NVDAやJAWSなどのスクリーンリーダーは、読み上げが遅延する問題やFirefoxがクラッシュする問題を確認しています。

そこで設定エディターで下記の設定値を変更もしくは新規作成し、マルチプロセスサポートのモードを無効にすることで、これらの問題を回避できます。なお、下記設定前の段階で JAWS を使用した場合、読み上げそのものができませんので、NVDAを用いて設定変更を実施してください。 NVDAヘルプデスク版をお薦めしています

なお、マルチプロセスサポートモードが無効になると、Firefoxの最新テクノロジーである高速ブラウジング技術の恩恵を受けられなくなります。

手順

1)Firefoxを起動します。
2) Ctrl + L で「アドレス検索バー」を選択します。
3)「about:config」と入力してエンターキーを押します。
4)「動作保証対象外となります…」画面が開きます。
5)タブキーで「危険性を承知の上で使用する」のボタンを選択してエンターキーを押します。
6)設定エディターの設定値を検索するテキストフィールドが最初に選択されます。
7)「browser.tabs.remote」と入力してエンターキーを押します。
8)タブキーを押して検索結果のリストビューを選択します。
9)下記3つの設定値をすべて false にします。設定を true から false に変更するには対象の設定値を選択してエンターキーを押します。
browser.tabs.remote.autostart を false
browser.tabs.remote.autostart.2 を fal se
browser.tabs.remote.force-enable を false
10)環境によっては、上記3つの設定値のいずれかが不足している場合があります。この場合は新規作成します。新規作成は以下の通りです。
11)手順6の検索結果リストビューでアプリケーションキーを押します。
12)上矢印キーを2回押します。
13)「新規作成」を選択してエンターキーを押します。
14)下矢印キーを2回押して「真偽値」を選択してエンターキーを押します。
15)不足している設定値、例えば、 browser.tabs.remote.force-enable を入力してエンターキーを押します。
16)上または下矢印キーで false を選択してエンターキーを押します。予め false が選択されています。
17) Alt + F4 で Firefox を終了します。
18) Firefox を再度開きます。
17)以上で設定完了です。

お手元のスクリーンリーダーで動作を確認してください。

なお、NVDAヘルプデスクでは本件に関するサポートは問い合わせのあった会員登録された方に行います。

テーブルナビゲーションについて

今回は、NVDAによるテーブルコンテンツの読みこなし方を解説します。

テーブルとは、縦と横の列や行が格子状に並んだいわゆる「表」のことです。ウェブページでは、頻繁に用いられているケースが多いです。たとえば、番組表のようなものですね。ウェブページで効率的なナビゲーションをする上では、テーブルがあるかどうかの確認ができるようになること、テーブル内の操作法をマスターすることが必須といえます。

NVDAでは、このテーブルを効率的に読みこなすためのナビゲーション(操作)が予め搭載されています。

テーブル内では以下のキーコマンドが利用可能です。

(以下、キー、名称、説明の順に記載します)

1) T、現在開いているページで下方向にテーブルがある場合は、テーブルの上端にジャンプします。複数のテーブルが存在するときには、押すごとに、次々にジャンプします。ない場合は「テーブルがありません」のように通知します。
2) Shift+T、現在開いているページで上方向にテーブルがある場合は、テーブルの上端にジャンプします。複数のテーブルが存在するときには、押すごとに、次々にジャンプします。ない場合は「テーブルがありません」のように通知します。
3) Ctrl+Alt+左矢印、前の列に移動、 キャレットを同じ行内の前の列に移動します。
4) Ctrl+Alt+右矢印、次の列に移動、キャレットを同じ行内の次の列に移動します。
5) Ctrl+Alt+上矢印、前の行に移動、キャレットを同じ列内の前の行に移動します。
6) Ctrl+Alt+下矢印、次の行に移動、キャレットを同じ列内に留まったまま次の行に移動します。

サンプルのテーブルを用意しました。上記テーブルナビゲーションを使って試してください。

ここから表です。

































好きな都道府県 場所
東京都 台東区浅草
東京都 港区六本木
東京都 八王子市
千葉県 四街道市
千葉県 南房総市
千葉県 ディズニーランド
京都府 金閣寺








名称 デスクトップ用キー ラップトップ用キー タッチ 説明
読み上げ停止 コントロール コントロール 2本指タップ 読み上げを停止します。
読み上げ一時停止 Shift Shift なし 読み上げを一時的に停止します。音声エンジンによっては、もう一度押すと停止した位置から読み上げを再開できるものもあります。

















名称 キー 説明
日付と時刻の報告 NVDA+F12 1回押すと時刻を報告し、2回押すと日付を報告します。
電源状態の報告 NVDA+Shift+B AC電源を使用中や充電の割合といったバッテリーの状態を報告します。

上記の表を確認できましたか…。

答えは

表1. 好きな場所
表2. NVDAのキー操作1
表3. NVDAのキー操作2

でした。

開いたウェブページにテーブルが含まれるかどうかは、慣れとこつが必要になりますが、まずは「ありそうだ」と感じたら [T] でテーブルの存在有無を確認するのがよいです。上記のサンプルの各テーブルに何行何列の表で構成されているかも把握できるようになるといいですよ。