NVDA Expert 2019 認定の報告

この度、NVDAヘルプデスクの岡根鉄郎がオーストラリアのNVDA開発元であるNPO法人「NV Access」が実施している認定試験「NVDA Expert 2019」に合格しましたので報告いたします。

挨拶文

NVDAヘルプデスクの岡根と申します。
「NVDA Expert 2019」合格を機に、これまで以上により一層、NVDAユーザーの皆様のお役に立てるよう尽力して参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

岡根鉄郎

NVDA Expert 2019 認定証

認定証

原文
NVAccess CERTIFCATE OF COMPLETION
This to certify that
Tetsuro Okane
has completed the requirements to be known as an
NVDA CERTIFIED EXPERT 2019
Officially recorded on 27th August 2019
Quentin Christensen
Training & Support Manager
Certificate nunber:00135

日本語訳
NVAccess修了証明書
これは、岡根鉄郎が「NVDA 認定 エキスパート 2019」として
必要な知識の要件を満たしていることを証明するためのものです。
2019年8月27日 公式に記録
クエンティン・クリステンセン
トレーニング&サポートマネージャー
証明書番号:00135

証明書のレイアウト(NV Accessからの説明文の翻訳)

上部には、「NV Access」という言葉の横にあるNV Accessのロゴがあります。
「NV」の文字はオレンジ色で、「アクセス」は紫色です。
証明書には、基本文字色は黒で、主要文字がより太い紫色のフォントで書かれています。
「NVDA Certified Expert(NVDA認定エキスパート2019)」ロゴには、「NVDA Certified Expert」という言葉の隣にNV Accessロゴがあります。 「NVDA」文字と水平の線は、上半分に紫色で表示されます。これらの下にある「Certified Expert(認定エキスパート)」はオレンジ色で、下の「2019」は青緑色です。証明書には、中程度の灰色の影付きの2本の実線で構成される紫色の境界線があります。 NV Accessロゴのスタイルの4つのかすかなオレンジ色のサンバーストがページの空白の領域に配置されています。
NV Accessのロゴは、16ポイントの中空の紫色の太陽の形です。 8点はシャープで三角形で、紫色に着色されています。紫色の点は、オレンジまたはターコイズの丸い点の間で交互になります。太陽の円の内側には紫色のダイヤモンドの輪郭があり、中央には中空の青緑色のリングがあります。

NVDAで携帯型点字メモ機 「オービット20(Orbit)」を点字ディスプレイとして使用する

昨年のサイトワールドでNVDAをインストールしたBluetooth対応WindowsPCと携帯型点字メモ機 「オービット20(Orbit)」の組み合わせを試させて頂いたことで、Orbitをパソコン用の点字ディスプレイとしても使える事が確認出来たので、この度詳しい使用方法をまとめました。

点字ディスプレイOrbitのBluetoothでの接続方法

点字ディスプレイOrbitは、NVDAに対応しています。
NVDAでは、2018年秋のバージョンアップで、点字ディスプレイの自動接続が出来るようになりました。これは、一度Bluetoothでの接続をしておけば、NVDAを起動すると、点字ディスプレイの機種を自分で選ぶ操作を必要とせずに自動で点字ディスプレイに接続出来る、大切な機能です。
Orbitは、ベーシックパック78,000円、標準パック98,000円と、他の機種の点字ディスプレイよりも非常に安価でありながら、点字メモ記録機、Windows PCでの点字ディスプレイ機能、iPhoneでの点字ディスプレイ機能の3つの役割で使用出来ます。
ここでは、点字ディスプレイOrbitのBluetoothでのパソコンへの接続方法を説明します。

接続のためには、3箇所の設定が必要です。

  • (a)OrbitのモードをBluetoothにします。
  • (b)NVDAメニューの点字の設定を自動設定にします。
  • (c)Windowsの設定からBluetooth機器との接続を行います。

では、順番に説明します。

(a)OrbitのモードをBluetoothにします

Orbitには、単体モード、Bluetoothモード、USBモードがあります。
これをBluetoothモードに設定します。
Orbitのボタンについて、セレクトボタンは中央にある丸い小さなボタン、上下左右カーソルキーは、セレクトボタンの上下左右に配置された円弧状のボタンです。
1. セレクトボタンと上カーソルキーを同時に押して、設定メニューを呼び出します。
2. 上カーソルキーを一回押します。「たんたい」と点字で表示されます。
3. 右カーソルキーを一回押します。「Bluetooth」と点字で表示されます。
4. セレクトボタンを押します。

(b)NVDAの点字の設定を自動設定にします。

1. NVDA起動中に、NVDA+NでNVDAメニューを呼び出します。
2. 設定、設定でエンターし、下矢印キー2回で点字に移動します。
3. タブキーを押して、設定のコンボボックスに移動し、自動設定を選択します。
4. エンターを押します。

(c)Windowsの設定からBluetooth機器との接続を行います

1. Windows+Iで、Windowsの設定画面を呼び出します。
2. タブキーを1回押して、システムに移動します。
3. 右矢印キーを1回押して、デバイスでエンターします。
4. タブキーを押すとBluetoothとその他のデバイスと読まれます。もう一度タブキーを押すとBluetoothまたはその他のデバイスを追加する、になります。ここでエンターを押します。
5. しばらく待つと、デバイスの中に、Orbit Readerが表示されます。タブキーでデバイスリストに移動し、上下矢印キーで探して下さい。見つけたらエンターを押して下さい。
6. 完了ボタンにフォーカスが移ります。エンターを押して下さい。
これで、点字ディスプレイOrbitがパソコンに接続され、NVDAから出力される点字がOrbitに表示されます。

最後に、NVDAでのOrbitへの点字表示と入力について、簡単に説明します。
点字の表示は、NVDAの点訳機能を介して、Orbitに表示されます。Webサイトの文章を読む時など、特有の長音の規則などが適用された形で表示されます(とうきょうではなくとーきょーなど)。
Orbitからの点字入力時は、メモ帳では、かなが直接表示、決定されて入力され、漢字変換が出来ません。
やむ6点を使用しパソコンのキーボードのFDS、JKLで6点入力する際の文字変換は可能です。

Orbitの本体のキーは上列に6つ並んでいるのが、左から3、2、1、4、5、6キーです。
セレクトキーや上下左右カーソルキーよりも手前に配置されている、横長のキーがスペースキー、スペースキーの左の小さなキーが7キー、スペースキーの右の小さなキーが8キーです。

(参考情報)
IPhoneでOrbitを使う際との相違点
iPhoneではiOS標準の点字機能を介して、点字の表示や入力がされます。
その為iPhoneでの表示は、下記の例のようなかなでの表示のままになります。
例:「東京」は「とうきょう」でNVDAのように「とーきょー」にはなりません。
入力の際は、文字を入力するといったんOrbitのバッファに入り、画面では表示されていません。セレクトキーを押すと、初めて画面に表示され、入力した文字全部が選択された状態になっています。スペースキーを押すと漢字変換候補が表示されます。漢字変換の詳細読みは音声のみで、点字表示はされません。8キーを押すと選択した漢字で決定されます。

「盲ろう者のNVDA活用」アンケート集計結果を公開

NVDAヘルプデスクでは、去る8月31日から9月2日にかけて開催された第27回全国盲ろう者大会千葉県大会において、第4分科会を担当いたしました。

分科会のテーマは、盲ろう者のNVDA活用です。

今回、私どもと大会事務局の方で集計いたしましたアンケート結果について公開するはこびとなりました。盲ろう者のパソコンやタブレットなど最新の利用状況を概観する上で記帳なデータです。どうぞ、ご活用ください。

この度アンケートにご協力頂きました盲ろう者の皆さま、ここに御礼申し上げます。

資料の入手は以下よりお願いいたします。

nvda.help/material

ウェブ上のPDFを直接開いて読み上げる場合のTIPS

ウェブからダウンロードしたPDFを Adobe Acrobat Reader DC で開くと、ある程度整った形で文章を順番に読み上げます。しかし、ウェブブラウザで直接開いて、ブラウザの内蔵ビューアで開くと読み上げる順番がおかしくなり意味がわからない場合があります。

これはタグ付きPDFの設定状況で変化します。参考→ タグ付きPDFとはどんなもの | アンテナハウス PDF資料室

タグ付きPDFであればスクリーンリーダーなどの支援技術ソフトウェアは、内容の順番を解釈し自動的に読み上げ出来ます。しかし、タグ付きではない場合は、PDFを開くためのビューア側で内容の順番を予測して順番を整えます。参考 → Adobe Acrobat Pro * PDF にタグ付けする

NVDAヘルプデスクでは、この現象を確認しました。

タグ付けされていないPDFは、Acrobat Reader DCを使うと読み上げ順序の予測を行っています。従って、ある程度整えられて読み上げ可能です。しかし、ウェブブラウザ内蔵のビューアは整えないで読み上げてしまいます。

そこで、毎回わざわざブラウザで開いた後で更にメニューからダウンロードして、保存したファイルを開いて読むのは手間が掛かりますので、今回はブラウザの設定で直接Acrobat Reader DCを開いて読めるようにする方法についてご案内いたします。

Firefoxの場合

Firefox上で次の操作を行います。

1 Altキーを押し、ツールからオプションを選びます。
2 Tabキーでプログラムグループのリストを選びます。
3 下矢印でPDF文書と読み上げる場所を見つけたら、Tabキーを1回押し、Firefoxでプレビュー表示の部分で下矢印を押し、Adobe Acrobat Reader DCを使用を選択します。

これで、インターネット上のPDFファイルをFirefoxで開けるようになります。

詳細はこちらの公式サポートでご確認いただけます。

Firefox内蔵の PDF ビューアを無効化して他のビューアを使用するには

support.mozilla.org/ja/kb/disable-built-pdf-viewer-and-use-another-viewer#firefox:win10:fx60

Chromeの場合

Google Chrome で次の操作を行います。

拡張機能でAdobe Acrobat Readerを追加することもできますが、一部のメニューを読み上げ出来ないケースがあるため、この後記載する常時ダウンロードする設定をお勧めします。

尚、拡張機能については、こちらの公式情報をご確認ください。

Chromeから Acrobat Reader で PDF を開く
helpx.adobe.com/jp/acrobat/kb/open-in-acrobat-reader-from-chrome.html

常時ダウンロードする方法

1 Alt+Fでメニューを開き、上矢印で「設定」を選びます。
2 Shift+Tabで「詳細設定」を選びEnterを押します。
3 Tabキーで「コンテンツの設定」まで進みEnterを押します。
4 Shift+Tabで「PDFドキュメントボタン」を選びEnterを押します。
5 「PDF ファイルを Chrome で自動的に開く代わりにダウンロードする」トグルボタンをスペースまたはEnterで「押されています」と読む状態にします。

以上で設定は完了です。

開き方

1 読みたいPDFのあるページにアクセスします。
2 PDFへのリンクでEnterを押すとダウンロードが始まりますので、F6でダウンロードされたPDFのファイル名が読まれるところを探します。Enterで開けます。
また、一度閉じてしまった場合はCtrl+Jでダウンロードリストを開き、TabキーでダウンロードされたPDFファイルを選びEnterを押すことで、Adobe Acrobat Readerで開けます。

※Windows10パソコンをご購入された方々へのご注意と予備手順

Windows10では初期設定でPDFファイルをEdgeで開くようになっていますので、Adobe Acrobat Reader DCで開けるようにする必要があります。

以下、手順です。

1 初めにAdobe Acrobat Reader DCがお使いのパソコンにセットアップされていることを確認します。
セットアップされていない場合は、Adobeの公式サイトからダウンロードし、インストールします。
2 Windows+Iで設定を開き、そのまま「きてい」と入力し、下矢印を押すと、検索候補に「既定のアプリ」が出るので、Enterを押します。
3 Tabキーで「アプリによって規定値を設定する」を選びEnterを押します。
4 Adobe Acrobat Reader DCを選びEnterを押します。
5 Tabを1回押し管理でEnterを押します。
6 TabキーでPDFを探しEnterを押します。
7 「アプリを選ぶ」と読まれますので、Tabキーで「Acrobat Reader DC」に切り替えます。
8 Alt+F4で設定を閉じ、エクスプローラーでパソコン内のPDFファイルを開こうとして、Acrobat Readerが起動すれば設定完了です。

NVDA 日本語チームから NVDA 2018.1.1jp のリリース

NVDAのマイナーバージョンアップがありました。

NV Access(英語): www.nvaccess.org/post/nvda-2018-1-1-released-to-handle-onecore-speech-changes-in-win10/

自動翻訳: translate.google.co.jp/translate?sl=en&tl=ja&js=y&prev=_t&hl=ja&ie=UTF-8&u=https%3A%2F%2Fwww.nvaccess.org%2Fpost%2Fnvda-2018-1-1-released-to-handle-onecore-speech-changes-in-win10%2F&edit-text=&act=url

NVDA日本語バージョン 2018.1.1jp は下記よりダウンロード可能です。

i.nvda.jp

すでに NVDA をお使いの方は、起動時などに更新を促すメッセージが表示されますので画面の指示に従って更新してください。

Windowsパソコンでスクリーンリーダーを使用して LINE を操作する 1

まず初めに、Windows環境で画面読み上げソフト(スクリーンリーダー)を使用して LINE を操作する場合、画面の状況によってキーボードによる操作方法が複雑になりやすいです。

本連載で紹介します内容でも十分に使いこなせるかは未知数です。LINE そのものが更新されると使えなくなる可能性もあります。

LINEの開発を手がける方々には、どうか Windows のスクリーンリーダー環境で使いやすくなるよう配慮していただけるとうれしいです。

Windowsには標準でナレーターというスクリーンリーダーもありますし、無料のスクリーンリーダーNVDAもあります。ソフトのテストを行う際は、このようなスクリーンリーダーをテストに利用してもらえればと思います。今回はNVDAによる操作方法となります。

調べた範囲では、Windowsで使えるLINEは3種類あります。

・Windows版LINE:NVDAで使えない。
・Windows10版(アプリ版):NVDAではオブジェクトナビゲーションを駆使することで使用可能。
・Google Chrome拡張機能版LINE:NVDAで一通りの操作が使用できる

この三つの内、実用的と思われるのが「Google Chrome拡張機能版LINE」です。

次回より、「Google Chrome拡張機能版LINE」による操作方法を紹介します。

NVDAワールド2017開催のお知らせ

NVDAヘルプデスクより、NVDA日本語チームによるNVDAワールド2017の開催と参加者募集についてお知らせいたします。
以下、最後まで、NVDA日本語チーム代表の西本氏よりの告知メールの転載です。

西本です。下記、お知らせします。

NVDA ワールド 2017 を10月31日(火曜日)に
日本マイクロソフト株式会社(品川)にて開催します。
今年は平日に開催させていただくことにしました。

後述のとおり connpass にて参加申し込み受付を開始します。
昨年の開発スプリントのフォローアップとして開発者会も実施します。
運営にご協力いただけるスタッフ枠も募集しておりますので、
ご協力いただければ幸いです。

# NVDAワールド 2017

無料で使える Windows パソコン用スクリーンリーダーの最新情報

NVDA (NonVisual Desktop Access) とは、無料で使えるオープンソースのWindows用
スクリーンリーダーです。合成音声や点字によるフィードバックを通して、
視覚障害者が特別な出費をしなくてもWindowsパソコンを使えます。

NVDAは、世界中の各地域の個人・団体などの援助により NV Access
(視覚障害者であるMichael Curran氏を中心に作られた非営利組織)が開発しています。

NVDA日本語チームはこれまで、グローバルなNVDA開発コミュニティにおける日本語対応を
担当しつつ、日本のユーザーに必要な機能を追加したNVDA日本語版の開発、
日本国内におけるNVDAの普及啓発活動を行ってきました。

NVDA ワールド 2017 は NVDA 日本語チームが開催する、NVDA 日本語版の開発者と
ユーザーの交流の場です。

今回は日本マイクロソフト株式会社に会場をご提供いただき、また Windows 10 と
ナレーターの最新のアップデートについてもご紹介いただきます。

NVDAにご興味・関心のある個人・団体・企業の皆様、ふるってご参加いただきますよう、
ご案内申し上げます。

# 概要

– 主催:[NVDA日本語チーム](www.nvda.jp/)
– 協力:日本マイクロソフト株式会社
– 開催日:2017年10月31日(火曜)
– 問合せ先: nvdajp@nvda.jp
– 会場:日本マイクロソフト(東京都港区港南2-16-3 品川グランドセントラルタワー)
– 参加費:無料
– 定員:一般枠40人、開発者枠10人、スタッフ枠10人
– 参加方法:10月23日(月曜)までにお申し込みをお願いします。
後述の「募集」をご参照ください。
参加申込者が多数になった場合は受付を終了する場合があります。
– JR品川駅改札にて10時00分および13時00分ごろ待ち合わせを行う予定です
(詳細は後日告知)。
– 中継(ライブ配信)の予定はありません

# 開発者会

同日、同じ会場にて10時30分から12時00分までNVDA日本語チームの
「開発者会」を開催します。

昨年開催した NVDA のソースコードを扱う開発者向けの勉強会
[NVDA開発スプリント](ja.osdn.net/projects/nvdajp/news/25386) の
フォローアップとして、開発環境構築に関する質問にお答えし、
また現在の開発課題についての議論を行います。

時間やネットワーク環境の制約がありますので、事前のご案内に従って、
必要なアカウントの作成、開発ツールのインストール、
ソースコードの入手などの準備をして開発用PCをご持参ください。

なお、開発者会へのご参加は開発者枠で申し込んだ10人とさせていただきます。

# プログラム

敬称略。
使用言語は日本語です。

## 開発者会
– 時間:10時30分から12時00分

昼食のご用意はありませんが、会場での飲食は可能です。

## 一般受付
– 開始:13時00分

## 1. NVDAと周辺機器やアプリの連携(仮題)
– 講演:野々垣 美名子(NVDA 日本語チーム)
– 時間:13時30分から14時10分

## 2. 特別講演 : Windows 10 とナレーターの最新情報(仮題)
– 講演:大島 友子(日本マイクロソフト)
– 時間:14時10分から14時50分

## 3. NVDA日本語版の現状と課題(仮題)
– 講演:西本 卓也(NVDA 日本語チーム)
– 時間:15時00分から15時50分

## 4. ライトニングトーク・質疑応答
– 概要:10分程度の短い講演を最大6件募集します。登壇者は当日決定します。
– 時間:16時00分から17時00分

# 募集

connpass (下記)または nvdajp@nvda.jp 宛のメールにてご連絡ください。

nvdajp.connpass.com/event/65707/

申し込みアンケートまたはメール記載事項として下記をお知らせください。

– お名前とご所属
– ライトニングトーク登壇希望の場合は発表内容
– その他のご要望

なお、以下をお手伝いいただけるスタッフ枠の募集を行います。

– 参加者の受付
– 品川駅改札から会場への移動支援
– 会場の机や椅子の移動

スタッフ枠の方の集合時間は12時30分(会場)です。
ご協力をお願いします。

# NVDA日本語チーム 役員

– 西本 卓也
– 新城 直
– 寺田 学
– 野々垣 美名子

(以上)
_______________________________________________
nvdajp-team mailing list
nvdajp-team@lists.osdn.me
lists.osdn.me/mailman/listinfo/nvdajp-team

冬季休業のお知らせ

NVDAヘルプデスクは、以下の日程で冬季休業をさせていただきます。

この期間のメール・電話・スカイプでのサポートはすべてお休みとさせていただきますので、予めご了承ください。

  記

冬季休業期間 2016年12月28日(水)~2017年1月3日(火)

以上、よろしくお願いいたします。

NVDAの終了のさせ方

■終了方法について

一般的なNVDAの終了方法は二通りの方法があります。

1)タスクトレー上のNVDAアイコンをクリックし、表示されたメニューより終了する方法

タスクトレイ上のNVDAアイコン

2)NVDA + Q を使ったキーボード操作方法

3)NVDAメニューより「終了」を選択する方法

上記のうちいずれかの操作を行うと「終了オプション」のダイアログが表示されます。

■終了オプションについて

終了オプション

終了オプションには以下の選択肢があります。

「終了」「再起動」「アドオンを無効化して再起動」

三つの選択肢は、上下矢印キーまたは左右矢印キーで選択します。選んだらエンターキーです。
最初の項目は常に「終了」が選択されていますので、そのままエンターキーを押すとそのままNVDAを終了できます。

■終了オプションのダイアログを表示させたくない場合は

NVDAメニュー → 設定 → 一般を開き、
「NVDA終了時に終了オプションを表示」のチェックを外します。

具体的な操作法につきましてはサポートで対応します。
サポートお問い合わせはこちら

ニコニコ動画の再生について

今回は、ウェブサービスの一つ ニコニコ動画 での動画の再生方法を説明します。

 ニコニコ動画とは、インターネットの百科事典「Wikipedia」によれば、以下のように説明されています。

ニコニコ動画は、日本の代表的な動画共有サイトの1つ。 ニコニコ動画の特徴は、配信される動画の再生時間軸上に対しユーザーがコメントを投稿できる独自のコメント機能であり、その他にもユーザーやアップロード者同士が交流できる機能を数多く備えている。

ニコニコ動画は、動画共有サイト Youtube などと同じように、今やインターネット上の一つのメディア・サービスとして確立しています。

 今回、筆者が検証に使用したバージョンは、OSはWindows8.1、ブラウザはInternetExplorer11、スクリーンリーダーはNVDA2015.2です。また、OSがWindows7、ブラウザがInternetExplorer10またはFireFox、スクリーンリーダーがNVDA2015.2でも、動作を確認しました。
※これらの検証は、アドオンが入っていない状態について行っています。

 また、 こちらの記事 で紹介したニコニコ動画のアカウント作成方法で、あらかじめ会員アカウントを持ち、ログインしている必要があります。

 例えば、下記のリンク先の動画を再生する方法を説明します。

jdkTV 第018回
www.nicovideo.jp/watch/sm24955495

※予め上記URLを何らかの方法でクリップボードにコピーして下さい。
1)Firefoxを起動します。
2)Ctrl+l でロケーションバーを開きます。
3)Ctrl+Vで上記URLを貼り付けます。
4)エンターキーを押します。
5)ページが読み込まれます(3秒から5秒くらいかかります)。
6)一文字ナビゲーション(埋め込みオブジェクト)Oを押します。
7)埋め込みオブジェクトと読まれるので、Enterを押します。
8)Ctrl+Spaceを押します。

 これで、再生ボタンを押すことが出来ます。
 再生停止もCtrl+Spaceです。

注)
 ニコニコ動画の混雑中は、再生が始まらない場合があります。
 OSとブラウザの組み合わせによっては、埋め込みオブジェクトの選択がうまく行かないことがあります。