NVDAヘルプデスクスタッフ野々垣よりNVDAエキスパート合格のご報告

この度、NVDAヘルプデスクの野々垣美名子がオーストラリアのNVDA開発元であるNPO法人「NV Access」が実施している認定試験「NVDA Expert 2019」に合格しましたので報告いたします。

挨拶文

NVDAエキスパートに合格しました。
野々垣美名子です。

2015年から、NVDAヘルプデスクでサポーターをしています。
いろいろな方からご質問を受け、自分で試したり調べたりしてお答えする形で、NVDAについて覚えて行きました。
ヘルプデスクでの活動と、仲間たちに感謝しています。

NVAccessがNVDAエキスパート試験を行なっているのは、NVDAについて誰に聞いたら良いかわからないという問いに対し、有資格者を公開して、この人に聞いて下さいと言うためなので、私に聞いて下さいと胸を張って言えるように、これからも必要な知識を勉強して行きたいです。

NV AccessのNVDAエキスパートのページ(英語)

NV Access Certification System
certification.nvaccess.org/

来年より、NVDAヘルプデスクはNV Access認定のNVDAエキスパート3人体制でのサポートとなります。
今年はWebAIMの調査でNVDAの世界シェアがトップになり、日本でもNVDAを導入する企業や官公庁が増えて来た事もあり、NVDAヘルプデスクへのお問い合わせも増えており、より多くの方々に安心してNVDAをご利用頂けるよう、更なるサポート強化に取り組んで参ります。

本年も多くの皆様にNVDAヘルプデスクをご利用頂きまして、ありがとうございました。
どうぞ良いお年をお迎えください。
来年も1月8日よりサポートを実施して参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

NVDA日本語チームより「11月1日、サイトワールド、NVDA相談会の開催」ならびに「アンケートのお願い」

今度の11月1日から3日にかけて開催されるサイトワールドにおいて「NVDA相談会」が行われます。また、それに先立ちまして、NVDA日本語チームではアンケートを実施しています。

当日のNVDA相談会には私達ヘルプデスクスタッフより2名のスタッフならびに職員を派遣します。

詳細は以下より。

・サイトワールド2019イベント – NVDA日本語チーム
team.nvda.jp/?p=425

NVDA日本語チームより、サイトワールドでのNVDA相談会のお知らせ

NVDA日本語チームより、サイトワールドでのNVDA相談会のお知らせです。
業務用にNVDAをご利用中の方々や業務用にNVDAの導入を検討中の皆様、是非ご来場ください。

詳細は下記リンクよりご確認いただけます。

NVDA相談会


視覚障害者向け総合イベントサイトワールド-イベント

以下引用です。

NVDA相談会

  • NVDA日本語チーム
  • 日時:11月1日(金) 13:30~16:00
  • 場所:すみだ産業会館サンライズホール 会議室4

視覚に障害がある人でも使えるように取り組んでおられるクラウドサービスとして kintone、クラウドサイン、Chatwork、freee の皆様をお招きします。
新しい楽しみ方や働き方に役立つクラウドサービスを、最新のWindowsと無料のスクリーンリーダーNVDAで活用していただくために、NVDA日本語チームはサービス事業者とユーザーが集まる意見交換の場を作ります。
まず各社のサービスとNVDAをご紹介します。
そしてNVDAユーザーの皆様からの ご質問にお答えし、ご要望も伺います。
皆様のアイディアもぜひ教えてください。
引用終わり

NVDAヘルプデスクからは、NVDA Expertの岡根、NVDAヘルプデスクスタッフとNVDA日本語チーム役員兼任の、野々垣が参加予定です。
多くの皆様のご来場お待ちしております。

NVDA日本語チームより NVDA 2019.2.1jpリリースのお知らせ

NVDA日本語版の翻訳・開発を手がけるNVDA日本語チームより NVDA 2019.2.1jp のリリース案内がありましたのでご紹介します。
なお、私たち NVDA ヘルプデスクは、本バージョンも含めたサポートを行います。
サポートについての詳細は こちらのサポート案内よりご覧ください。

NVDA 2019.2jpの詳細はNVDA日本語チームのページをご覧ください。
以下抜粋です。

NVDA 2019.2.1jp をリリース

無料(オープンソース)の Windows 用スクリーンリーダー NVDA (NonVisual Desktop Access) の 日本における開発コミュニティである NVDA 日本語チームは、 2019年10月2日に NVDA 2019.2.1jp をリリースしました。

インストーラーのダウンロードはこちらからどうぞ:

i.nvda.jp

Windows 10, 8.1, 8, 7(SP1) の32ビット版および 64ビット版に対応しています。 Windows 8 以降ではタッチ操作が利用できます。 NVDA 日本語版のライセンスは GPL v2 です。

NVDA は多くのアプリに対応し、 インストール不要で利用できるポータブル版、 アドオンによる機能拡張など、さまざまな特長を備えています。

NVDA 日本語チームがリリースする NVDA 日本語版は、 オーストラリアの非営利法人 NV Access がリリースする NVDA 本家版に 日本語の音声エンジンと点訳エンジンを追加するなど、 日本語 Windows 環境のための改良を行っています。
2019.2.1の変更点

NVDA 2019.2.1 で修正された内容は以下の通りです。

Gmail を Firefox または Chrome で使用した場合に、フィルターの作成や特定の設定の変更などで、ポップアップメニューを操作したときにクラッシュする不具合を修正しました。
Windows 7 において、スタートメニューでマウスを操作したときに Windows Explorer がクラッシュする不具合を修正しました。

2019.2.1jpの変更点

音声設定についての「NVDA日本語版の説明」の記述を訂正しました。NVDA日本語版では音声設定「大文字の前に大文字と読む」の初期状態はチェックなしです。過去の NVDA 日本語版では初期状態が「チェック」でしたが、 NVDA 2017.1jp 以降では本家版の初期値に合わせています。

NVDA Expert 2019 認定の報告

この度、NVDAヘルプデスクの岡根鉄郎がオーストラリアのNVDA開発元であるNPO法人「NV Access」が実施している認定試験「NVDA Expert 2019」に合格しましたので報告いたします。

挨拶文

NVDAヘルプデスクの岡根と申します。
「NVDA Expert 2019」合格を機に、これまで以上により一層、NVDAユーザーの皆様のお役に立てるよう尽力して参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

岡根鉄郎

NVDA Expert 2019 認定証

認定証

原文
NVAccess CERTIFCATE OF COMPLETION
This to certify that
Tetsuro Okane
has completed the requirements to be known as an
NVDA CERTIFIED EXPERT 2019
Officially recorded on 27th August 2019
Quentin Christensen
Training & Support Manager
Certificate nunber:00135

日本語訳
NVAccess修了証明書
これは、岡根鉄郎が「NVDA 認定 エキスパート 2019」として
必要な知識の要件を満たしていることを証明するためのものです。
2019年8月27日 公式に記録
クエンティン・クリステンセン
トレーニング&サポートマネージャー
証明書番号:00135

証明書のレイアウト(NV Accessからの説明文の翻訳)

上部には、「NV Access」という言葉の横にあるNV Accessのロゴがあります。
「NV」の文字はオレンジ色で、「アクセス」は紫色です。
証明書には、基本文字色は黒で、主要文字がより太い紫色のフォントで書かれています。
「NVDA Certified Expert(NVDA認定エキスパート2019)」ロゴには、「NVDA Certified Expert」という言葉の隣にNV Accessロゴがあります。 「NVDA」文字と水平の線は、上半分に紫色で表示されます。これらの下にある「Certified Expert(認定エキスパート)」はオレンジ色で、下の「2019」は青緑色です。証明書には、中程度の灰色の影付きの2本の実線で構成される紫色の境界線があります。 NV Accessロゴのスタイルの4つのかすかなオレンジ色のサンバーストがページの空白の領域に配置されています。
NV Accessのロゴは、16ポイントの中空の紫色の太陽の形です。 8点はシャープで三角形で、紫色に着色されています。紫色の点は、オレンジまたはターコイズの丸い点の間で交互になります。太陽の円の内側には紫色のダイヤモンドの輪郭があり、中央には中空の青緑色のリングがあります。

NVDAヘルプデスク版バージョン2.1リリースのお知らせ

このたびWindows用画面読み上げソフト「NVDA」の拡張機能(アドオン)として「NVDAヘルプデスク版 バージョン2.1」をリリースしました。

NVDAヘルプデスク版 Version 2.1 の変更点

  • Version 2.0 で発生した読み上げ内容の誤読を改善しました。
  • クリップボードショートカットキーの読み上げを無効にした場合に条件によって適切にコピー・切り取り・貼り付けができなかった問題を改善しました。
  • 読み上げ辞書の切り替え機能に「使用しない」の選択肢を追加しました。
  • 簡単設定にヘルプデスク版の設定を初期値にするための「デフォルト」ボタンを追加しました。

その他、NVDAヘルプデスク版のすべての機能については下記ページをご参照ください。

NVDAヘルプデスク版のご案内

ゴールデンウィーク期間のサポートについて

NVDAヘルプデスクは、ゴールデンウィーク期間中5月1日と5月2日のサポートは休業させていただきます。
次のサポートは5月8日からとなります。
また、NVDAヘルプデスク版のお取り扱いにつきましても同様ですので、予めご了承願います。

サービスご利用案内はこちら

NVDAヘルプデスク版のご案内はこちら

NVDAヘルプデスク版バージョン2.0リリースのお知らせ

NVDAヘルプデスクでは、このたびWindows用画面読み上げソフト「NVDA」の拡張機能(アドオン)として「NVDAヘルプデスク版 バージョン2.0」を頒布いたします。

1.概要

NVDAは、拡張性に優れた画面読み上げソフトです。Windows10、8.1、8、7に対応しています。
NVDAヘルプデスク版バージョン2.0では、引き続きIBM社製「ProTALKER」音声エンジンを搭載し、さらに東洋医学用語の読み上げへの対応やMicrosoft Officeの読み上げ強化など、日本の視覚障害者のニーズを反映した拡張機能を提供します。

2.機能と特徴

◆Version 2.0

  • 固有名詞や一般用語の読み上げを向上するための「標準辞書」を搭載しました。約1800語を収録。
  • 鍼灸を中心とした用語の読み上げを向上するための「東洋医学辞書」を搭載しました。約3470語を収録。
  • NVDA 起動時に使用する読み上げ辞書について設定できる機能を追加しました。
  • クリップボードショートカットの読み上げの有効・無効を切り替えられるようにしました。
  • クリップボード関連のショートカットキーで、コピー・切り取り・貼り付けしたテキストのバイト数を読み上げるようにしました。
  • クリップボード関連のショートカットキーで、コピー・切り取り・貼り付けしたテキストの内容を読み上げるようにしました。
  • クリップボード関連のショートカットキーで、コピー・切り取り・貼り付けしたファイルの総数を読み上げるようにしました。
  • メディアショートカットキーの読み上げの有効と無効を切り替えられるようにしました。
  • ProTALKER(バイリンガル)の設定で ProTALKER 側の高さと抑揚と音量調節機能を追加しました。
  • 音声設定で声色・速さ・高速読み上げ・高さ、抑揚・音量のユーザーインタフェイスを見直しました。

3.パッケージ収録内容

◆Ver 2.0

  • NVDA日本語版
  • NVDAヘルプデスク アドオン
  • ウェブブラウザ Mozilla Firefox
  • メールソフト Mozilla Thunderbird
  • 統合オフィス環境 LibreOffice
  • 統合オフィス環境 OpenOffice
  • テキストエディタ Notepad++
  • 6点入力アプリ やむ6点
  • 遠隔支援 NVDA Remote
  • その他各種収録

4.価格

  • ダウンロード版 5,000円
  • CD版 6,500円

5.注文方法

ご注文は下記ページよりお願いいたします。

NVDAヘルプデスク版のご案内

NVDAヘルプデスクでは、オープンソースで無料の画面読み上げソフトのNVDA(エヌブイディーエー)サポートヘルプデスクを開設し、NVDAのセットアップや使い方に関するサポートを提供しています。
デスクは、社会福祉法人千葉県視覚障害者福祉協会、視覚障害者総合支援センター内に設置しています。

お問い合わせ先

  • NVDAヘルプデスク
  • 〒284-0005 千葉県四街道市四街道1-9-3
  • 社会福祉法人 千葉県視覚障害者福祉協会
  • 視覚障害者総合支援センターちば内
  • ウェブサイト:nvda.help
  • メール:contact@nvda.help

以上。

Skype for Windows最新版の操作についてと改善点

NVDAヘルプデスクではSkypeの最新版について紹介しておりますが、マイクロソフトより、延期になっていたSkypeのバージョン8への正式移行が11月に行われるとの案内があり、移行に際してお困りの方々も多いようでお問い合わせが増えておりますので再度ご案内いたします。

基本操作や主要なホットキーにつきましてはこちらをご覧ください。

Skypeバージョン8正式移行とバージョン7サービス終了について

基本的には、通話相手を選びEnterキーを押し、Ctrl+Shift+Pで音声通話、Ctrl+Shift+Kでビデオ通話、通話を終了する時はCtrl+Eです。

また、以前の記事で通話に応答する際の操作を、Windowsキー+Vで通知に移動し、タブキーで音声かビデオかを選択することをご案内しておりますが、操作が難しいとの意見が多く、マイクロソフトへフィードバックを行ったところ、最新版(デスクトップアプリ8.33.0.50以降及び、Windows10ストアアプリ14.33.0.41以降)では、着信時に、発信の時と同様に、Ctrl+Shift+Pで音声で応答、Ctrl+Shift+Kでビデオ通話で応答が可能となっています。
なお、Skype以外にフォーカスしている時は、ポップアップでボタンが表示されるため、通知やTabキーでの操作となります。
そのため、上記ホットキーで応答するには、着信時にAlt+TabでSkypeにフォーカス後に操作してください。
受けた通話の時も、通話を終了する時はCtrl+Eで切れます。