スクリーンリーダー「NVDA」をパソコンにインストールしましょう(インストール編)

スクリーンリーダー「NVDA」をパソコンにインストールしましょう(ダウンロード編) の続きです。


2.使用許諾契約書に同意する

インストール準備が整うと下がり調子と上がり調子のタララランが鳴ります。この段階では、まだNVDAのインストールは完了していませんが、NVDAの「JTalk」という音声の女性音が聞こえてきます。

耳慣れない音声で操作するよりも、一度このNVDAの音声を「読み上げなし」の状態にして、普段お使いのスクリーンリーダーの音声で操作することをお勧めします。
使用許諾契約書とインストールの画面

(1)無変換+Sを押してNVDAを「読み上げなし」の状態にします。
(無変換キーはSpaceキーの左隣のキーです。)
(2)使用許諾契約書の画面です。Tabキーで「同意する」を探します。なお、使用許諾条項は英文です。矢印キーを押して確認できます。
(3)同意する場合はSpaceキーを押してチェックを入れます。
(4)Tabキーを数回押して「このコンピュータにNVDAをインストール」まで移動してEnterキーを押します。


3.インストールの条件を選択する

この画面には2つのチェックボックスと、「継続」、「キャンセル」の項目があります。チェックボックスの内容は次の通りです。

・デスクトップにアイコンとショートカットキー(Ctrl+Alt+N)
・ログオン画面でNVDAを使用

ログオン画面は、スクリーンセーバーから復帰するときやパスワードを入力するときなどに表示される画面です。

(1)Tabキーを押して、「ログオン画面でNVDAを使用」まで移動します。初期設定はチェックが入っています。適宜切り替えてください。
(2)Tabキーを押し「継続」まで移動しEnterキーを押します。
インストールの設定画面


4.ユーザーアカウント制御ダイアログで「はい」を選択する

ユーザーアカウント制御の画面が表示され、フォーカスは「いいえ」にあります。
以下のように表示されます。

安全操作の画面
ユーザーアカウント制御のメッセージ
次のプログラムにこのコンピューターへの変更を許可しますか?
NVDA 確認済みの発行元
Alt+Yは「はい」 Enterは「いいえ」

(1)左矢印キーを押し「はい」まで移動し、Enterキーを押します。
(2)ピッピッピッという、インストールの進行状況を示すサウンドが流れ始めます。
NVDAのインストール中の画面
補足:この画面での操作を特に急ぐ必要はありませんが、一定の時間を過ぎても何も操作しないでいるとインストールに失敗する場合があります。


5.インストール完了のメッセージにOKする

インストールが正常に完了すると、以下のように表示されます。

インストール完了のメッセージ
NVDAのインストールは成功しました。
インストールされたNVDAを実行するために「OK」を押してください。
Enterは「OK」

(1)読み上げは、フォーカスが「OK」にあることを示していますが、この読み上げの後操作可能な画面が他にずれる場合があります。その際は、Altキーを押しながら、何度かTabキーを押して、NVDAの完了画面を表示させます。
(2)フォーカスはすでに「OK」にありますのでそのままEnterキーを押します。
インストール完了の画面


6.NVDAが起動し、「ようこそ画面」が表示される

(1)「タラララン」という上がり調子のサウンドが流れ、NVDAが起動します。
(2)NVDAのJTalkという女性の音声が、NVDAようこそ画面を読み上げます。読み上げ始めない場合は、Alt+Tabキーを何度か押して「ようこそ画面」に切り替えてください。
(3)Enterキーを押して画面を閉じます。
(4)以上でインストール作業は終了となります。


連載記事一覧

スクリーンリーダー「NVDA」をパソコンにインストールしましょう(ダウンロード編)

前回「スクリーンリーダー「NVDA」をパソコンにインストールしましょう(概説編)」 の続きです。


1.NVDA日本語版の最新バージョンのダウンロード方法

〈Internet Explorer を使用する場合〉

直接ダウンロードする方法で説明します。

(1)「Internet Explorer」を起動します。
※ここでは起動方法は省略します。
(2)Altキーを押しファイルメニューの「開く」でEnterします。
(Altキーを押さずに、Ctrl+Oを押しても同じ画面を表示できます。)
(3)すでにフォーカスは開くファイル名を入力するエディットフィールドにありますので、すべて半角文字で、
i.nvda.jp
と入力しEnterキーを押します。
ファイル名を入力するエディットフィールド
(4)これで直接NVDAをダウンロードするリンクが開きます。
(5)このリンクが開くとセキュリティの警告メッセージが表示されます。
「このファイルを保存または実行しますか?」の後に
ダウンロードするファイルの名前、種類発信元などを読み上げます。
この画面には、「保存」「実行」「キャンセル」の3つの項目があります。
(6)Alt+Nを押して通知バーに移動します。
セキュリティの警告メッセージ
(7)TabキーまたはShift+Tabキーで「実行」を選択し、Enterキーを押します。ダウンロードが始まります。
(8)ダウンロードが終了するとサウンドが流れます。


〈NetReader ⅱを使用する場合〉

直接ダウンロードする方法で説明します。

以降「NetReader ⅱ」を「NetReader」と表記します。

(1)NetReaderを起動します。
※NetReaderの起動方法は省略します。
(2)Altキーを押しファイルメニューの「開く」でEnterします。
(Altキーを押さずに、Ctrl+Oを押しても同じ画面を表示できます。)
(3)すでに入力フォーカスは開くファイル名を入力するエディットフィールドにあります。すべて半角文字で
i.nvda.jp
と入力しEnterキーを押します。
(4)すると直接NVDAをダウンロードするリンクが開きます。    
(5)このリンクが開くとセキュリティの警告メッセージが表示されます。画面には、保存Sの確認、実行Rの確認、キャンセルの確認の3つの項目があります。
(6)Tabキーで「実行」を選択し、Enterキーを押します。
(7)画面が切り替わり、Tabキーでさらに「実行」を選択し、Enterキーを押します。
(8)ダウンロードが終了しサウンドが流れます。


連載記事一覧

スクリーンリーダー「NVDA」をパソコンにインストールしましょう(概説編)

◆インストールする前に

NVDAはUSBメモリなどで持ち運べるタイプのポータブル版を作成することもできますが、ここではパソコンに初めてインストールすることとします。

NVDAは基本的にインターネットからダウンロードしてパソコンに入れる作業(インストール)することにより使用できるようになります。

今回の操作にあたっては、すでに他のスクリーンリーダーがインストールされていて、その読み上げる音声を聞きながらキーボード操作ができる状況を想定します。

キー操作の説明で例えば、「Ctrl+O」としている場合は、Ctrlキーを押しながら「O」を押す意味です。

◆インストール手順の概要

今回より3回にわたり、記事を分けて説明します。

Windowsの標準ウェブブラウザ「Internet Explorer」と高知システム開発から発売されている「NetReader ⅱ」について、まずはNVDAのダウンロード方法を説明します。

どちらのブラウザでも、大まかなインストールの流れは以下のようになります。

1.ダイレクトダウンロードリンクを入力してダウンロードする
2.使用許諾契約書に同意する
3.インストールの条件を選択する
4.「ユーザーアカウント制御ダイアログ」の画面で「はい」を選択する
5.インストール完了のメッセージにOKする
6.NVDAが起動し、「ようこそ画面」が表示される

◆NVDAをインストールする操作手順

それでは実際にNVDAをインストールしてみましょう。

(続く)


連載記事一覧