NVDAのご紹介と国際カンファレンスNVDAConのお知らせ

今日は、無料で公開されているスクリーンリーダーNVDAと、それに関わる人たちがオンラインで集まる国際的なカンファレンス、NVDAConについてご紹介します。

NVDA(Non Visual Desktop Access)は、NVAccessというオーストラリアのNPO法人により開発され、無料で公開されているスクリーンリーダーです。
目が見える人は、パソコンを買って来たらすぐに使うことが出来るのに、見えない人は、さらに十万円単位のお金を払ってスクリーンリーダーを買わなければならない。それは平等ではないですよね、という、NVAccessの創始者Michael Curranさんの思いにより作られて公開されています。

NVAccess

元々は英語のソフトですが、各国の言語に翻訳されています。現在は、43言語、120ヶ国で広く使用されています。
日本では、NVDA日本語チームが3ヶ月に1回の更新をしています。追加の翻訳をしたり、漢字入力などの固有の機能を開発したりして、独自の NVDA日本語版 を公開しています。また、NVDAヘルプデスクは日本におけるサポート拠点として随時電話やメール対応をしています。最近は NVDAヘルプデスク版 の頒布も行っています。

今回、年に一度開催される NVDACon(英語) というオンラインカンファレンスに、日本より私、野々垣が発表させていただくことになりました。

NVDAConの期間は、日本時間で6月2日から6月3日です。関連の国際コミュニティの中から、8名のスピーカーが発表を行います。枠によってはオープンフォーラムという、参加者も話せる形式の物になっています。私の発表時間は、6月2日の午後8時スタートです。

内容は、NVDAで使いやすい モバイルスキャナ ScanSnap による紙の印刷物のスキャンと、付属OCRソフトABBYY FineReaderでのOCRの紹介です。

発表原稿が作ってありますので、自分の発表が終了次第、英文と日本文の原稿を、 自分のnoteサイト に掲載予定です。

発表内容は NVDAヘルプデスクで書いた記事 やNVDA日本語チームのイベント NVDAワールドで発表した物 と類似です。

他の時間帯には、NVDAの開発元であるNVAccessの方によるキーノート(主要講演)、NVDAアドオン開発者によるアドオンの紹介などが予定されています。音声データ編集ソフト Audacity用のNVDAアドオンについての開発者による講演もあり、個人的に楽しみにしています。

発表言語は英語です。ご興味のある方は、ぜひ、NVDAConにアクセスしてみて下さい。
過去の発表の録音も公開されていますので、お時間の合わない方は、後日録音でお聞きいただけます。

よろしくお願いいたします。

NVDA日本語チーム
NVDAヘルプデスク

 野々垣美名子

NVDA / JAWS で Firefox を使用すると読み上げが遅延する問題、Firefoxがクラッシュする問題

Firefox バージョン 58からマルチプロセスをサポートするモードが搭載されましたが、スクリーンリーダーなど一部のアクセシビリティー製品では悪影響を及ぼしています。(詳細については mozillaによる説明を参照)

私どもNVDAヘルプデスクでは、上述のマルチプロセスサポートのモードが有効になっていると、NVDAやJAWSなどのスクリーンリーダーは、読み上げが遅延する問題やFirefoxがクラッシュする問題を確認しています。

そこで設定エディターで下記の設定値を変更もしくは新規作成し、マルチプロセスサポートのモードを無効にすることで、これらの問題を回避できます。なお、下記設定前の段階で JAWS を使用した場合、読み上げそのものができませんので、NVDAを用いて設定変更を実施してください。 NVDAヘルプデスク版をお薦めしています

なお、マルチプロセスサポートモードが無効になると、Firefoxの最新テクノロジーである高速ブラウジング技術の恩恵を受けられなくなります。

手順

1)Firefoxを起動します。
2) Ctrl + L で「アドレス検索バー」を選択します。
3)「about:config」と入力してエンターキーを押します。
4)「動作保証対象外となります…」画面が開きます。
5)タブキーで「危険性を承知の上で使用する」のボタンを選択してエンターキーを押します。
6)設定エディターの設定値を検索するテキストフィールドが最初に選択されます。
7)「browser.tabs.remote」と入力してエンターキーを押します。
8)タブキーを押して検索結果のリストビューを選択します。
9)下記3つの設定値をすべて false にします。設定を true から false に変更するには対象の設定値を選択してエンターキーを押します。
browser.tabs.remote.autostart を false
browser.tabs.remote.autostart.2 を fal se
browser.tabs.remote.force-enable を false
10)環境によっては、上記3つの設定値のいずれかが不足している場合があります。この場合は新規作成します。新規作成は以下の通りです。
11)手順6の検索結果リストビューでアプリケーションキーを押します。
12)上矢印キーを2回押します。
13)「新規作成」を選択してエンターキーを押します。
14)下矢印キーを2回押して「真偽値」を選択してエンターキーを押します。
15)不足している設定値、例えば、 browser.tabs.remote.force-enable を入力してエンターキーを押します。
16)上または下矢印キーで false を選択してエンターキーを押します。予め false が選択されています。
17) Alt + F4 で Firefox を終了します。
18) Firefox を再度開きます。
17)以上で設定完了です。

お手元のスクリーンリーダーで動作を確認してください。

なお、NVDAヘルプデスクでは本件に関するサポートは問い合わせのあった会員登録された方に行います。

毎日新聞サイトにNVDAヘルプデスク版を紹介した記事が掲載

3月より提供を始めた「NVDAヘルプデスク版」の紹介記事が毎日新聞サイトに掲載されています。

点字毎日:ニューメディア情報 NVDAヘルプデスク版「アドオン」とセット頒布 総合支援センターちば – 毎日新聞
mainichi.jp/articles/20180426/ddw/090/020/020000c

NVDAヘルプデスク版については下記アドレスよりどうぞ
nvda.help/nvdahdinformation